ロードバイクの情報を発信しています!

2020TREK Checkpointグラベルバイク ワイドレンジ1xドライブトレインが追加

https://www.trekbikes.com/us/en_US/bikes/road-bikes/gravel-bikes/checkpoint/checkpoint-sl/checkpoint-sl-7/p/29344/?colorCode=reddark 機材情報
Photo Trekbike.com
この記事は約5分で読めます。

TREKは、2020年のCheckpointグラベルロードバイクのラインナップを発表。

Checkpointは、TREKのCrockett(クロケット)やBoone(ブーン)ようにシクロクロス専用のレースバイクではない。

グラベルロード用のバイクだ。2020年シリーズ用に更新されたCheckpointの紹介です。

 

スポンサーリンク

2020 Trek Checkpointカーボン

Photo Trekbike.com  以下同様

TREKは年々そのラインナップが増えていて、より専門分野に特化したバイクが登場している。

ブーンとクロケットはシクロクロス専用と言ってもよいレース用バイク。

新しくなった2020年のドマネロードバイクは38mmのタイヤクリアランスがあり、グラベルバイクとしての十分な能力を備えている。

 

Checkpointは、それだけでは不十分な場合、TREKはグラベル専用のバイクとして  提供している。

レースで使用するほどではないけれども、グラベルロード以外にも、街乗りや長距離を走るためのバイクと言った位置づけのようだ。

以下のビデオでは、必ずしも「アドベンチャー」バイクだけではないことを説明してくれている。

Trek Checkpoint

 

特徴
Checkpointグラベルロード
  • 標準として40mmタイヤが装着済み、最大45mmのクリアランス
  • 積載重視の設計
  • IsoSpeedでショックを吸収
  • 通勤からグラベルまでこなせるオールロードバイク
  • 油圧DISKブレーキ搭載

 

Checkpointは、カーボンフレームとアルミフレームの2種類がある。

今回は、カーボンフレームのCheckpointの紹介。

カーボンフレームは、シートチューブIsoSpeed Decouplerサスペンションシステムを使用。

フレームはOCLV 500カーボン。

 

フラットマウントディスクブレーキは前後にあり、12×100および12x142mmのスルーアクスルを備えている。

 

後部には、トレック独自のStranglehold Dropoutがあり、チェーンステーの長さを調整し、必要に応じてシングルスピードで使用可能となっている。

 

タイヤクリアランスはすべてのモデルで45mmで、40mmのタイヤが標準装備。

650bのクリアランスまたは互換性については言及されてない。

 

ドライブトレインはモデルによって異なる。

トップエンドでは、SRAM Force / XX1ハイブリッド1xシステムに幅広い10-50カセットが搭載されている。

CheckpointはBB90ボトムブラケットを使用している。ただTREKはBB90からスレッドT47に移行しているバイクが増えてきている。

 

トレックは、長距離の水分補給のニーズに合わせて、3つのボトルケージに入れてメイントライアングルに装備。

3個もボトルがあったら長距離で自動販売機とかない場合でも安心ですね。

 

ラックやその他のボルトオンギアとの通常の互換性も備えているので、ツーリングとかにも使用できそう。

 

カーボンモデルには6つのサイズがあり、すべて700cホイールを備えている。

TREKは、2020年の女性モデルについては言及していない。

チェックポイントは、ドマーネロードバイクに見られるジェンダーニュートラルサイジング方式を採用していることを示唆している。

つまり、男女兼用ですね。

 

チェックポイントSL 7(6,000ドル)には、Aeolus Pro 3VカーボンホイールとともにSRAM 1x Force / XX1ビルドが搭載されている。

日本のサイトには、SL7・SL6は掲載されていない 2019.8.14現在

 

Checkpoint SL 6($ 3,800)には、Shimano Ultegra機械式ドライブトレインとBontrager Paradigm Comp 25ホイールが搭載。

 

Checkpoint SL5(315,000円)には、Shimano 105機械式ドライブトレインがあり、シールドベアリングハブ付きのBontrager合金リムとペアになっている。

 

Checkpoint SLカーボンフレームセットは2,000ドル。こちらも日本のサイトには掲載がないが、そのうちに出てくるでしょう。

Checkpointには、アルミフレームのバージョンもあり安価に購入することが可能。

TREKは、生涯フレーム保証があるので材料および製造上の欠陥があれば交換可能なので安心です。

 

詳しくは、TREKサイトに出てますが、日本サイトではSL7とSL6はまだですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました