ロードバイクの情報を発信しています!

2020 デローザ SK Pininfarina ディスクエアロロードバイク

https://www.derosa.it/collezione/sk-pininfarina/機材情報
Photo derosa.it/collezione
この記事は約3分で読めます。

イタリアのブランド、デローザから2020年モデルのSK Pininfarina ディスクが登場した。

スポーツカーはもとより、多彩な工業製品をデザインするトリノのカロッツェリア「Pininfarina(ピニンファリーナ)」とコラボしたモデル。

ステムからヘッドパーツの部分にFSAと設計したACRシステムを採用することによりケーブル類がフル内蔵されている。

SK Pininfarina は、ディスクモデルのみの仕様となっている。

 

スポンサーリンク

2020 デローザ SK Pininfarina Disk エアロロードバイク

https://www.derosa.it/collezione/sk-pininfarina/

以下画像はDe Rosaより

外観は、2015年にデビューした前作と変わらないように見える。

SK Pininfarinaでは、気流を流すために微妙なチューブシェーピングが改良され、ケーブル類がハンドルバーからステムを通ってフレームに至るまで、全て内蔵となっている。

大きな変更として、リムブレーキバージョンは提供されない。新しいSK Pininfarinaは、フラットマウントキャリパーと12mmスルーアクスルのみを備えたディスクブレーキ仕様となっている。

 

新しいデローザの外観、ロゴ、ハート

https://www.derosa.it/collezione/sk-pininfarina/

新しいロゴは、デローザの歴史とPininfarina(ピニンファリーナ)のデザイナーの手から生まれたもの。デローザが未来に向かいながら、その伝統、遺産、歴史を尊重していることを表す。

 

https://www.derosa.it/news/

ロゴの字体はDE ROSAブランドの鋭い特徴を維持しつつ、形はより現代的なデザインであらわされている。

ハートマークがあるので女性にも人気のあるメーカーだが、今回のデザインはより柔らかいデザインになったように思える。

 

技術詳細

https://www.derosa.it/collezione/sk-pininfarina/

新しいSK Pininfarinaは、完全に平らに取り付けられた隠しウェッジスタイルのシートポストクランプを備え、平らで薄い水平トップチューブを備えている。

シートチューブの形状も、リムブレーキを収容する必要がないので、小さな後部リアホイールカットアウトフィンから、よりエアロ独自のシートポストプロファイルまで、空力特性を向上させるために微調整されている。

 

https://www.derosa.it/collezione/sk-pininfarina/

FSA ACRシステムヘッドセットで1.5インチステアラーチューブ内のすべてのケーブルを配線することに加えて、より滑らかなテーパーによりタイヤ周辺の空気の流れが改善されている。

ボトムブラケットはBB 386EVOの圧入だ。

 

https://www.derosa.it/collezione/sk-pininfarina/

デローザは新しいエアロロードバイクの重量を削り取り、370gのフォークで950gのフレーム重量になっている。

 

SKピニンファリーナジオメトリ

https://www.derosa.it/collezione/sk-pininfarina/

幅広いサイクリストに合うように8サイズの広い範囲(46〜60 cm)で提供される。

これだけサイズがあれば、自分に合うサイズもありそうですね。

 

価格と可用性

https://www.derosa.it/collezione/sk-pininfarina/

新しい SK Pininfarinaは、11個の異なるカラースキームの3900€(45万円)フレームセットから利用可能。

ほとんどが単色の外観となっている。

 

https://www.derosa.it/collezione/sk-pininfarina/

 

Shimano Ultegra仕様の完成車は、58万5千円。

De Rosaは、12月からパートナーショップが購入可能だ。日本では日直商会が手掛けている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました