ロードバイクの情報を発信しています!

負け犬の遠吠え

レース&イベント

2017年の春きららに行ってきました。

ド平坦のクリテリウムコースで約2キロの周回を走ります。

途中コースが狭まる所もあるので、なるべく前にいないと中切れしてしまうコースレイアウトです。

今回は番長と二人で参戦です。

スポンサーリンク

きらら浜サイクルロードレースマスターズ参戦

起床は、2時30分   (´c_,`lll)ガビーン

もはや、老人を通り越して仙人の域に達している睡眠時間困ったもんだ。

 

ただ、今日は一応ベットの中で悶々として5時少し前には少し寝れたかな。

5時30分に娘とカミサンを起こして準備終わって家出が6時25分。

いつもギリギリかよ~

 

今回のチーム戦略

今回は、実業団登録レースがある為、マスターズには登録選手が出ないと仮定。

実力No.1のツールド沖縄マスターズ二連覇しているF選手をマークすることに。

 

アマばかりだし、強風なのでレースはマッタリとなるはず。

残り2周以内で、誰かがアタックしたら私がチェックに入り番長は、F選手マークの作戦。

 

番長は、自転車チームKLUB KATZのエースです。(*ゝ(ェ)・)ノ◎K★

自転車の階級としてプロツアーレース 実業団登録レースE1・E2・E3 マアチュアレースとあります。
 

アップからヒーヒ―

番長の後ろで、コース内を4周くらい。

その時に、最終コーナー当たりでメカニックチーフらしき人を目撃。

まさか~と、思っていたら、やはりメカニックチーフとメカニック師匠。

なんと応援に来て下さった。しかも、最終ロードバイクチェックもして下さった。

ありがたや~

しかし、コース内を走っていた時には、まだ「ゼナで元気」の500円ドリンクが効いていたのか

調子いいのかな、と思っていたら、コース外で番長と二人で走ると向かい風で全く番長についていけない。

 

これはやはり、一昨日の娘にやられた後遺症か

 

スポンサーリンク

とりあえずスタート

いつも通り、一番右端に陣取ってスタートを待ちます。

一番前に並んだらすることは、唯一つで先頭で飛び出すのみです!

 

しかし、今日は何故か、皆さん前前で突き進み

フラッグが振られて、リアルスタートと同時に赤ジャージ二人が全開アタック!

一列棒状で時速55キロ ( ´゚д゚`)えぇーーー

更に、200M走っても47キロ (゚∇゚ ;)エッ!?

はえーよ。おっさんら何食ってんだ。

ずっと45キロオーバーでえらく速いけど、まあFさん6番手にいるし大丈夫だろう。

と、思ってました~。

 

作戦ミス

たかをくくっていると、最終コーナーで前3人と少しあく。

まあ、そのうち、Fさんの怒涛の走りですぐに追いつくじゃろうと思ってました。

 

ここで、Fさんマークと、踏んで追いつかない判断をした時点で終わってました。

5人逃げですから、私達の位置にいた二人は踏んで追いついた訳です。

ちなみにおっさんは、ミドリ色のジャージです。

 

もうズブズブ

2周目以降、協調して追わない烏合のオッサン集団は離される一方。

なに食ってんだ??

2周目で10秒。3周目で15秒。4周目で20秒。5周目で25秒。

最終周でトップと30秒差。

あ~、開く一方でした(>_<)

 

途中、2回くらい前に追いつく距離まで迫った所で、誰もブリッジかけてまで足を使う人おらず。

自分も、調子悪くて出来る元気も気力もなし (_ _。)・・・シュン

 

最終第2集団スプリント

結局5人が逃げ切り。登録選手3人。マジかよ(後で聞いた話)

第2集団は8人くらい。

ゴール前400mから、右側から番長発射!

二人が追います。

私はその後ろからついていて、番長を一人逃げさせるように。

ゴール前100Mで、シッティングスプリントで二人抜いて番長とワンツー、フィニッシュ!

やったー。作戦通り………………….のはずだった

 

前に5人いなければ。 たらねば たらねば …….

出し切った感のない、モヤモヤ感が残ったレースでした。

春は遠い (*´;ェ;`)みゅ~・・

 

とにかく、前で展開して逃げがあったら乗らないとダメです。とくに速いメンツが前に行ったらもう後ろは追いつかないです。よほど協調して追わない限り。また次ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました