ツールドひろしま安芸高田 大土山キツ~

少年のお母さんの代役で、急遽でることになったツールドひろしま安芸高田2017。まあ110キロとはいえイベントなんだから、そんなにきついコース設定ではないだろう。と、思ってました。

基本は、voyage cycling teamが先頭を引いてくれるので平地や向かい風は楽ちんです。

しかし、登りになるとまったく先頭の意味はなんにもない。15%勾配とか腰が~。

くわえて、自分がスマホを忘れたと思っていたのですが、助手席のはしに落ちていて最後まで気づかず^^; 補給所のスイーツなどの写真がないのがちと残念。

朝は寒くてウインドブレーカー登場

Photo by Takumi

市内でも21℃くらいで、土師ダムまでついても19℃くらいと肌寒く、アームウォーマーにウインドブレーカー装着。夏はおわった??

自転車も乗られている本名アナウンサーと女性が司会で開会式が始まりました。

コースはこちらからご覧ください。

ツールドひろしま安芸高田2017 THAおろちコース
コースには、通称”やまみち”や細い道も入ります。大型工事のそばを通り、大型工事車両の通行が予想されます。特に下りにおいては天候やその時の状況に応じて刻々と変化しますので通行にはじゅうぶんに注意してください。安全確保、危険回避のため、限定的な公開とさせていただきます

先頭引き要員のAさんに聞くと、全般平地といっていたので安心していたのですが彼の平地と私の平地は違うモノのようで^^;

第1エード 道の駅「北の関宿」にむけて

道の駅「北の関宿(きたのせきじゅく)」安芸高田

最初は、安芸高田市長以下、お歴々の方々が電動チャリに乗ってサイクルセンターまで先導してくれました。市長一生懸命ペダルを回しているようですが、時速15キロ^^;

下りは、結構寒かったです。アームウォーマー正解。

最初の坂が始まると先頭交代要員4人が18キロくらいで引いていきます。後ろを見るとあっと言う間に匠と自分以外ははるか後ろ。ペース落としてもらいます。

第2エード 10時前に昼飯

エコミュージアム川根 | 安芸高田市観光協会「安芸高田市観光ナビ」

第2エードには、10時まえについて早くもジビエ弁当をいただきます。

トンカツみたいにあげていて、この味は中々。ソバもあったのですがお腹イッパイで入らず。

スイーツをひとつまみして出発です。

Photo by Takumi

ここから、三江線の式敷駅の前とか通って、ブルペライダーMさんと三瓶山まで行った時の峠をのぼります。

ついつい匠のペースアップについてしまって25キロでタンタンと登ってしまいます。

しかし、これはマズイ。最後に凄い坂があると聞いていたので、いらん足使わずに番手ユズって第2集団で^^;

第3エード プラットハウス吉田口

3番目のエイド、プラットハウス吉田口様から皆様へのメッセージ。|詳細ページ

ここまで結構長くて、やっと着いたかという感じ。ここのかりんとうが美味しかった(*^^)v

ここは芸備線のホントウの駅舎で、ホームがすぐそばでした。

Photo by Takumi

エイドの人達と話していると、あの山を登るんょ~、と教えて貰ったのですがまさかねえ~

と思ってました。

こころが折れる大土山ヒルクライム 第4エイド

大土山 | 安芸高田市観光協会「安芸高田市観光ナビ」

踏切りこえると、すぐヒルクライムのはじまり。少しあがると勾配がシャレにならなくなる

23Tだったので、とてつもなくきつ~。あとで聞くと15%を越える斜度があったそうな。

Photo by Takumi

終わったか~、と思って少し下ると、また坂が~    これが3回くらい

ラスト600mの路面をみて、やっとか~、という感じでした。

第5エイド カフェ・ソレイエ

カフェ アンソレイエ
カフェ アンソレイエ、広島県 安芸高田市 - 「いいね!」114件 · 29人が話題にしています · 31人がチェックインしました - レストラン

ここは、長~い下りをくだってから少し走ったらすぐでした。

千貫水(せんがんすい)県北・安芸高田市の名水スポット
千貫水(せんがんすい)は、広島県安芸高田市甲田町の湧き水。水質調査では「お茶やコーヒー・料理など万能」で、軟水の名水となっています。

この千貫水も美味しかった!

ここからの川沿いは追い風だったんで、だんだんとペース上がって最後は40キロオーバー。

土師ダムの登りは、もうゆっくりと上がってクールダウン。

A選手はフランクのKOMを抜いたよう。フランクまた奪い返さないと!

ゴールしての感想

Photo by Takumi

実は、最後のゴール前500mが一番きつかったです。

足をためるために、ずっとインナーで走っていました。普段と違う走りで左のふくらはぎが最後つりそうで~。

あと一踏みしたら、ツッテいたと思います。110キロといいながらも走り応え十分でエイドも多くて全部は食べれないほど。最後のジビエバーガー美味かったなあ~。経口補水液も美味しかった。

と、いうことは少し脱水にもなっていたよう。

2017.9.4中国新聞朝刊より  なんとか写ってます!

60キロのコースが諸事情で設けられなかったのは残念。初心者にはこのコースはかなりキツイかもです。開会式で昨年出た人~と、本名アナウンサーが聞いた時に、手を上げる人が凄く少なかったです。まあ、なっとくかも。

でも、まあショートカットコースがあって大土山をあがらなくて良いコースがあったので、これは良いかもです。久々に登りのあるコースを走って、やっぱり坂はのぼらなくて正解と思いました^^;

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする