ロードバイクの情報を発信しています!

日本チャンピオン新城幸也の乗るカスタムペイントされたMerida 2022 Scultura Team

機材情報
Photo credit: Mike Knell on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

この数週間、多くの国で国内選手権が開催された。

各国のロードチャンピオンは、カスタムペイントされたバイクに、ナショナルチャンピオンジャージで乗っている。

第90回全日本ロードレース選手権を制したのは、Bahrain Victoriousの新城幸也。すでにレースでカスタムペイントされたMerida 2022 Scultura Teamをみせてくれている。

 

スポンサーリンク

Merida 2022 Scultura Team

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lumar Colors(@lumarcolors_)がシェアした投稿

 

このデザインは、サイクリング界で過去10年の最も象徴的なデザインを作成したことで知られるLumar Coloursによって入念にペイントされている。

Lumar Coloursのインスタグラムをみると、サガン、ジュリアン・アラフィリップ、ジェイ・ヒンドリーなど数多くのカスタムペイントを手掛けているのがわかる。

 

Image credit: MIWA IIJIMA

 

バイクは、シマノの最新12速デュラエースDura-Ace R9200グループセットとFSAフィニッシュキットを装着したMerida 2022 Scultura Team

 

Image credit: MIWA IIJIMA

 

Vision Metron 6D cockpit、Vision Metron 55 SL Discホイール、30mm Continental Grand Prix 5000TR、Elite Leggeroボトルケージ、スポンサー準拠のShimano Dura-Ace R9100ペダルを装備。

 

Image credit: MIWA IIJIMA

 

日本ということで国旗の赤をデザイン的にうまく使ってますね。

 

Image credit: MIWA IIJIMA

 

トップチューブには、日本語でペイントが。

 

Image credit: MIWA IIJIMA

 

サドルとバーテープはPrologo。すでにこのバイクで8レースを完走。ブエルタで見られると最高だったのですけど残念。

Bahrain Victoriousの2023年の契約状況は22名。残りの枠の中になんとか入って貰いたいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました