ロードバイクの情報を発信しています!

ワウト・ファンアールトはパリ~ルーベ延期を受けて、新たなレーススケジュールを発表。どこを走る?

海外情報
Photo credit: bram_souffreau on VisualHunt.com
この記事は約5分で読めます。

パリ~ルーべはフランス政府の要求を受けいて正式に延期を発表。

これを受けて、優勝候補の一人であったワウト・ファンアールトは出場レースの変更を発表している。

これから多くのライダーが同じようにパリ~ルーべがなくなったことで、スケジュール変更を余儀なくされるだろう。

新しく追加されたレースを見てみよう。

 

スポンサーリンク

追加されたレーススケジュール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wout van Aert(@woutvanaert)がシェアした投稿

 

ここまで、快調な滑り出しをしているワウト・ファンアールト。ヘント〜ウェヴェルヘムではついに今シーズンの1勝目をあげている。

ワウト・ファンアールトはパリ~ルーベの延期を受けてベルギーゲントのチームホテルで小さな記者会見を開いている。

 

パリ~ルーベが延期されたことについてどう思っている?

それは大きな驚きではないが、今朝まで私はルーベが始まることを望んでいた。もしそうなら、私たちは準備が必要だった。

それは確かに私たちの準備を妨げている。パリ〜ルーベは10月ではなく今争われるべきだ。ルーベのキャンセルに対して、ロンドへのアプローチは異なる。それは昨年の多くのことを思い出させてくれる。

 

パリ~ルーベに変わるレースは?

私はブラバンツ・パイル(4月14日)とアムステルゴールドレース(4月18日)を走る。その後、休憩の時間となる。

シーズンを始めたばかりなので、これらのレースをスケジュールに追加することができた。現在のフォームでもっとやりたかったんだ。

ルーベがあれば、他の2つのレースはしなかったでしょう。現在のシナリオでは、ロンドから回復し、それらのレースの準備をする時間がある。

 

ブラバンツ・パイルに勝つ自信は?

コースは私にはわからない。昨日もトレーニングで乗ってみた。その地域で少し登りたいのなら、そこに行かなければいけない。

意図的にモスケス通りに向かい、それがどのようなものかを見てみた。彼らはそれを再舗装したが、それがどのように行われたかを見るのは残念だ。

かつては、サドルから立ち上がることが不可能な石畳の登りだった。今ではスムーズな乗り心地に変わっている。世界選手権にとっても、それは本当に残念なことだ。

 

ドワルス・ドール・フラーンデレンでは、多くのライダーが不調に見えた。ロンド・ファン・フラーデレンでは、誰もが横一線で並んでいますか?

確かに彼らが隠れているようには見えなかった。マチュー・ファンデルプールはいつものように乗っていなかった。

昨日も突然の暑さにびっくりしたが、それが原因だったのかもしれない。彼は2日続けて悪い日を過ごしたことがないので、日曜日に準備ができていると確信している。

アラフィリップはおそらくレースを最も必要としていたが、彼らを判断するのは私次第ではない。ディラン・ファンバーレの背後では、お互いを揺さぶるのは明らかに困難だった。

 

昨年のロンド・ファン・フラーデレンを振り返ってみて下さい

2人のスプリントは避けられなかった。私たちはお互いを取り除くことができなかった。私は、確かに間違いを犯した。

おそらくもっと早くスプリントを始めるべきだったでしょう。去年と同じ状況になってしまったら、考えてみるけど、スプリントには自信がある。

 

フランダースで乗るバイクは?

 

今年は、確かに速いS5でレースをする。ヘント〜ウェヴェルヘムでも使ったが石畳用に作られたカレドニアではなく、S5で行くことにした。

 

新しいレーススケジュール

変更されたワウト・ファンアールトのレーススケジュールは次の通りに変わっている。

Wout van Aert
2021レーススケジュール
  • 3/6 Strade Bianche 4位
  • /10 Tirreno-Adriatico 総合2位 ポイント賞1位
  • 3/20  Milaan-San Remo 3位
  • 3/26 E3 Saxo Bank Classic 11位
  • 3/28  Gent-Wevelgem in Flanders Fields 優勝
  • 4/4 Ronde van Vlaanderen – Tour des Flandres
  • 4/14 De Brabantse Pijl  追加
  • 4/18 Amstel Gold Race  追加
  • 5/30 Critérium du Dauphiné
  • 6/26  Tour de France
  • 9/5 Tor of Britain

ワウト・ファンアールトが、ブラバンツ・パイルを走るのは初めて。今年の世界選手権でも使われるモケス通りの長さ550mの石畳の登りは最大勾配が17%もある。

だが、再舗装されてかなり登りやすくなったようだ。これでは、重要なふるい落としのセクションにはならない。これが、ワウト・ファンアールトにとっては不満なのだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました