ロードバイクの情報を発信しています!

ディスクブレーキで25針縫った女子ジュニア世界シクロチャンピオンは復帰後、何を目指す?

海外情報
Image by khamkhor from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

2020シクロクロスワールドカップ第1戦ターボルの女子エリートレースで、落車により前腕をディスクブレーキでケガしてしまった世界ジュニア王者シリン・ファンアンローイ(Shirin van Anrooij)18歳。

実に25針も縫うケガを負ったが、感染症のために2度目の手術まで受けていた。

怪我も治り、シクロクロスレースにも、ようやく復帰する。シクロクロス世界選手権での目標も決まったようだ。

 

スポンサーリンク

世界選手権の目標

下は2020世界選手権ジュニアでの優勝シーン。

 

シリン・ファンアンローイは、18歳ながらテスト生として女性のワールドチームTrek-Segafredo Women に8月から参加している。

2021年からは正式メンバーとしてワールドツアーレースでロードも走る。

現在は、Trek-Segafredo Women のトレーニングキャンプで走っており、1月21日にはキャンプを終えて、シクロクロスレースに参加する。

1月23日の X2Oトロフェー第6戦 ハンメ、1月24日のワールドカップ第5戦 オーベルエイセでシクロクロスに復帰する予定だ。

そして、1月31日の世界選手権にも出場する予定だと、シリン・ファンアンローイは語っている。

世界選手権に出たいと思っていたし、それが今シーズンのシクロクロスの目標だった。腕と膝の状態ですべてが計画通りにいけば、スタートラインに立つことができるでしょう。

シリン・ファンアンローイは、U23に出場しレインボージャージを目指す。

18歳でU23でいきなり優勝というのは難しいかもしれないが、ライバルの状況によってはあり得ますね。

ただ、ケガの療養によって長くトレーニングしていないので、それが心配ですね。シクロクロスはレースでしか、その強度が体験できないと言われているし。

 

事故での様子を語る

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shirin(@shirinvananrooij)がシェアした投稿

 

シリン・ファンアンローイは、ディスクブレーキで腕を切った時の様子についても話してくれている。

何が起こったのか誰も本当に理解していないし、私も理解していない。

前列1列目で2人の女の子がぶつかり合って墜落した。私には行き場がなくて、そのまま彼女たちの上を通り過ぎてしまった。

お腹に強くぶつかったんだけど、ディスクブレーキに触れたのか、それが腕に直撃してしまったでしょうね。

2度の手術を受けたけど、回復するのに時間がかかった。運が悪かっただけで、誰にでも起こりうることだった。ディスクブレーキであんなに大きな傷を負う人はいないよ。

ディスクブレーキでの事故は、何件か報告されており2019年パリ~ルーベU23のクラッシュでも起きている。

世の中に絶対はないので、起きる可能性はこれかもあるでしょう。危険性については認識していないといけないですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました