ロードバイクの情報を発信しています!

タディ・ポガチャルは、イツリア・バスクカントリーのタイムトライヤルで遅れた理由について語る

海外情報
この記事は約4分で読めます。

イツリア・バスクカントリー第1ステージは、スタートから登りだすという厳しい個人タイムトライヤルだった。

スペインのレースらしい感じだが、ゴール前には19%という劇坂も控えていた。

このステージを制したのはパリ~ニースで2度の落車によりケガからの復帰となったプリモッシュ・ログリッチ。

回復が遅れるかと思われていたが、全く問題ないようだ。長い間ホットシートに座っていたが、最後までその座を奪われることはなかった。

最大のライバルとなるタディ・ポガチャルは、チェックポイントでプリモッシュ・ログリッチを2秒上回りながら、最終的には28秒も遅れてしまう。

この理由についてタディ・ポガチャルが語っている。

 

スポンサーリンク

28秒のハンディからスタート

photo uae_team_emirates instagram

 

タディ・ポガチャルは4.7kmのタイムチェックでログリッチより2秒速く、チームメイトのブランドン・マクナリティからは2秒遅い2位で通過していた。

間違いなく、トップタイムでゴールを迎えるかと思われたが、最後の19%の登りではあきらかに失速気味だった。

レース後のインタビューでこれについて語っている。

私はおそらく少し早すぎたでしょう。それでも、タイムトライアルにはとても満足している。

スタートが少し速すぎたが、うまく終了することができた。それは足が良いことを意味している。

今、1位から28秒遅れているが、このような厳しいレースでは、状況は急速に変化する可能性がある。この地域では天気も予測できないので、何でも起こり得る。

それは大きなギャップだが、私たちはそれを埋めようとする。

スタートから突っ込み過ぎたことで、最後の登りで多くの時間を失ったようだ。

登りゴールとなるのは、第3ステージと第6ステージのみ。二つのステージで28秒差をひっくり返すのは厳しいだろう。

 

ブランドン・マクナリティ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

UAE Team Emirates🇦🇪(@uae_team_emirates)がシェアした投稿

 

今回2位となった、ブランドン・マクナリティ。2016世界選手権ジュニアTT王者は、順調にプロの世界でも階段を上っている。

得意のTTには磨きがかかり、パリ~ニース第3ステージ4位。ボルタ・ア・カタルーニャ第2ステージ4位と、必ず上位に顔を出してくる。

4.7kmのタイムチェックでは、1位通過でログリッチよりも4秒も速かった。記録更新も視野に入っていただろうけど、ゴールでは逆に2秒届かない。

最初の登りでフルガスになり、フルになり続け、その後、下り坂で少し回復し、最後まですべてをやり遂げるというケースだった。

私たちは今何が起こるかを見なければなりません。この結果に本当に満足している。当然、素晴らしい勝利に近づいたが、全力を尽くしたので後悔はしていない。

今回は、エースのタディ・ポガチャルよりもタイムが良い。TTでプリモッシュ・ログリッチを逆転する力をつけるのも時間の問題かもしれない。

今後のレースでは、タディ・ポガチャルがアタックをかけブランドン・マクナリティがプリモッシュ・ログリッチをチェックする作戦が取られるかもしれない。

2秒差ならば、ワンチャンスで逆転も可能だ。二人で攻撃すれば、勝つチャンスもあるだろう。登りゴールのステージに注目だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました