ロードバイクの情報を発信しています!

2022 リエージュ〜バストーニュ〜リエージ レムコ・エヴェネプールが定期的に泣いた理由とは? 知られざるケガの秘密

海外情報
Image by Victor Vote from Pixabay
この記事は約6分で読めます。

レコム・エヴェネプールは、残り29.2kmからのアタックでリエージュ〜バストーニュ〜リエージのモニュメントを獲得した。

レムコは、その態度や言動でしばしば、一般のサイクリストよりも少し鼻を高くしていることについて、猛烈に批判される。

ベルギーでは、この1年半、彼が本当に自転車競技の歴史に残る偉大な選手になれるのかどうか、疑問の声が上がっていた。

リエージュ~バストーニュ~リエージュでの輝かしい勝利で、彼はすべての批評家に納得のいく答えを与えた。

そして、Quick-Step Alpha Vinyl TeamのGMパトリック・ルフェーブルは、レムコのイル・ロンバルディアのケガについて、これまで知られていなかった命の危険があったことも告白している。

これが、レムコのゴール後の定期的な泣き崩れる場面に繋がったと考えられる。

 

スポンサーリンク

イル・ロンバルディアでのケガの詳細

こちらはGMパトリック・ルフェーブルのインタビュー

 

厳しい結論はすでに出ている。急な登り坂には向かない男だ。

また、昨年のジロ・デ・イタリアでの不本意なデビューから、一般的な傾向として、ビッグツアーではサイズが小さすぎるのではないかと言われていた。

そして、彼のニックネームである「エディ・エヴェネプール」は、変わってくるかもしれない。この世代の新しいメルクスは、タデイ・ポガチャルだからだ。

2018インスブルックで印象的なジュニア世界タイトルを獲得して以来、フランドルでは天下一品と書かれるようになった。

しかし、この1年半の間に彼がそのような大業を成し遂げられなかったことに疑問符がついたのも事実だ。

エヴェネポールがまだ22歳の若さであることは、しばしば忘れられがちになる。プロへの急成長の最大の突破口となったのは、2020イル・ロンバルディアでの大転倒だった。

カーブでの侵入速度を間違えて渓谷に突っ込んでしまった。

 

実は、あの事故はとてもラッキーだったんだ。骨盤(股関節の頭が大腿骨に入る部分)の骨折、恥骨の二重骨折、肺に重い血腫を負った。

しかし、大腿骨頭に血液を送る小さな静脈も破裂していた。それは命にかかわることです。レムコ・エヴェネプールは、すでに2リットルの血液を失っていた。

もし、コモの病院で発見されなかったら、出血多量で死んでいたかもしれない。また、骨折は神経から1ミリのところにあった。もし当たっていたら、半身不随になっていたかもしれない。

 

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュで素晴らしい勝利を収めた後の記者会見で、パトリック・ルフェーブルこの事実を長々と語っている。

このクラッシュの後、9ヵ月間レースに出場することはなかった。実際、あの2020年8月15日以来、彼はライダーとしても人としても、二度と同じ感覚を味わうことはなかったという。

このリエージュで、彼は再び「本当のレムコ」を見つけたのである。本当のレムコは、自分のことを三人称で言うのが好きなんだ。

 

プロ入りして1年半、あのロンバルディアの秋までは、信じられないほど順調だった。ジェットコースター のように、何度も何度も自分自身を驚かせながら。

その秋以降、すべてが変わった。精神的にも大きな変化だった。賞から賞へと自転車で移動した男から、再び自転車に乗る自分を見つけなければならなかったからだ。

 

これほどの大けがだったとは。骨盤骨折からの復帰だけではなかったということだ。

 

ストレス

 

レムコは次のように語る。

最高のレムコ “が戻ってくるまで、辛抱強く待つしかなかった。それがストレスになった。

私は、私が望むレムコではなかったからだ。自分が自分でなかった。リターンには、浮き沈みがあった。

そのため、「もう一度やり直したい」と思っても、なかなか実行に移せないことがあった。でも、家族やチームがいつもそばにいてくれたんだ。

本当に苦労して戻ってきたんです。才能があっても、そういうときは努力でどうにもならないこともある。

毎日、レベルアップのために必死で頑張るしかない。わけもわからず涙を流すことも多く、つらい時期だった。

それは、自分が何者なのかわからなくなったからだ。私は再び自分自身を見つけることができなかった。

幸いなことに、私はその辛い時期を乗り越え、ここに望みうる最も美しいトロフィーを手にすることができた。

 

レムコは、この落車でまったく別のライダーになったと強調する。筋肉の構造が変わったのだ。

落車後、新しいタイプの筋肉が発達し、今日のラ・ルドゥートのような登りではより爆発的なレースができるようになった。スタミナも落ちない。実は、転倒前とは違うタイプのライダーになっているんだ。

昨年の冬は、爆発力だけでなく、タイムトライアルの能力も意識的に向上させた。まさに、今日のリエージュで私が必要としていた2つの要素だ。

ラ・ルドゥートは私のお気に入りのクライミングで、そこに小さな爆弾を仕掛けたかったんだ。成功したと思う。集団で逃げ切ることを期待したが、山頂では一人だった。だから、タイムトライアルにしたんだ。

 

倒れてから初めて、レムコは昔の感覚を取り戻した。勝利の後、彼は何度も「これが本当のレムコだ」と強調した。

 

夢のレースであるリエージュ~バストーニュ~リエージュのスタート地点に初めて立った。そして、さっそくこの素晴らしいモニュメントを手に入れることに成功する。29キロのアタックを終えて、とても誇らしく思う。

 

 

スポンサーリンク

トップフォーム

 

今シーズンの初めから、レムコは徐々に「以前」のレベルに戻っていることを実感していた。

ティレーノ・アドリアーティコでは、クイーンステージで失敗してしまったんだ。バスクでは、まだ絶好調とは言えまなかったが、これからいい調子になると感じていた。

この春からずっと、この日、このリエージュ〜バストーニュ〜リエージを楽しみにしていたんだ。

トップに立ちたいレースだった。昨年はしばしば麻痺していたストレスが、今年は最初からなくなっていた。

そして今、リエージュでのアタックの際にも、自信に満ち溢れていることに気づかされた。

コート・ド・ラ・ルドゥットを過ぎて一人前になった時も、ラ・ロッシュ・オ・フォーコンでリードが減った時も、全く慌てることなく、ストレスなく走れた。

また自分を信じて、そして自分の限界を超えることができる。

 

ここ数ヶ月のトレーニングでは、彼の爆発力とタイムトライアル能力に注目が集まっていたが、これからの時期はクライミング能力に重点を置くことになるだろう。

 

このレベルを維持したいと思っている。これからの時期は、ツアー・オブ・スイス、そしてブエルタ・ア・エスパーニャを目標に頑張ります。それが私の新しい挑戦だ。まずは自信を持つことから始める。

 

本当の意味で強い昔のレムコが帰ってきたと言って良い。

家族が泣き、自分もずっと何度も泣いていたことは、本当の自分に戻れたこと。そして、ケガの深刻な状況から立ち直ったことが大きかったのだ。

新たな歴史の始まりとなるモニュメント獲得だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました