ロードバイクの情報を発信しています!

MootsからオールロードチタンバイクのVamoots33登場

機材情報
Photo credit: Wrench Science on VisualHunt.com
この記事は約2分で読めます。

1981年以来、カスタムフィットバイクを手作りしてきたアメリカのチタンフレームスペシャリストであるMoots。

Mootsの最新バイク、Vamoots33は、大きなタイヤクリアランスとグラベル向けの多用途性で、ロードバイクの限界を押し広げている。

万能のオールロードバイクだ。

 

スポンサーリンク

Moots Vamoots33

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Moots Bicycles (@mootscycles)

 

Vamoots33の名前は、店舗の前の県道の名前からつけている。

Moots Vamoots33は、フェンダー、大きなタイヤ、そして何でもこなせるジオメトリーを備えている。

Mootsはこの新型オールロードバイクを、700×38のタイヤにフェンダーを装着するよう設計しており、エンデュランスロードのジオメトリーを抑えた万能モデルとしている。

Vamoots 33には、Mootsの最新の3Dプリント・チタン製フラットマウント12mmスルーアクスル・ドロップアウトが装備されている。

コストを抑えるために、ストレートゲージシームレス米国調達 3/2.5 インチ チタンチューブセットを使用しているけど、それでもかなり高価であることは間違いない。

 

自社工場で生産

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Moots Bicycles (@mootscycles)

 

未加工のチューブから、マイターショップを経て溶接へ。Mootsでは、すべてのフレーム加工を自社工場で行っている。

手に入る最高の素材を使い、洗浄、冶具、鋲打ち、ダブルパス溶接など、試行錯誤を繰り返しながら、最高の自転車フレーム、ステム、シートポストを作り上げる。

7,499ドル(約110万円)の仕様には、SRAM Rival eTap AXSが搭載されており、DT Swiss E1800 Spline ALホイールとアルミニウム製Zipp Service Courseステムが組み合わされている。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました