ロードバイクの情報を発信しています!

米国の高級自転車ブランド、PARLEEが破産回避 

機材情報
Photo credit: KevinSaunders on Visualhunt.com
この記事は約2分で読めます。

少し前、アメリカのハイエンド自転車ブランド「Parlee Cycles」は、破産保護申請をしていた。

パンデミック・ブームの終焉に苦しむビッグブランドのように思われた。

 

しかし今、彼らは新しいオーナー、新しいアイデア、そして新たな資金を得て復活している。

 

スポンサーリンク

破産回避

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Parlee Cycles(@parleecycles)がシェアした投稿

 

Parlee Cyclesは、熱心なサイクリストであり独立系投資家によって買収されたと発表。

Parlee Cyclesのブランドと資産の100% の買収は、組織再編の終了を示し、有名なブランドの存続が保証される。

この事業は、Parlee Composites, Inc.という新たに設立された法人の下で運営され、ジョン・ハリソンが社長兼CEOの役割を引き継ぐことになる。上記の写真の男性だ。

Parlee Cyclesは、長年ボートビルダーとして活躍してきたボブ・パーリーとその妻イザベルによって2000年に設立された。

熱心なサイクリストでありアマチュアレーサーでもあったボブは、20年間かけてカーボンファイバーの成形と微調整を行い、美しく丈夫なボートを作り上げた。その後、自分の職業と情熱をカーボン自転車のフレーム作りに結びつけている。

ボブ・バーリーは、引き続き設計とエンジニアニングに関与する。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました