ロードバイクの情報を発信しています!

Fulcrumから2種類のSpeed Cmptzn DBホイール登場

機材情報
photo Fulcrum
この記事は約4分で読めます。

Fulcrumは、昨年発表されたSpeedDBシリーズのホイールをアップグレードさせたSpeed40およびSpeed55 CMPTZN DBホイールを発表。

コフィディスチームと協力して、プロレースからのフィードバックを受けて、エリア・ヴィヴィアーニと会社の要求を満たすホイールを作成したと述べている。

最大の変更点は、USBスチールからトップスペックのCULT(Ceramic Ultimate Level Technology)ベアリングに移行したこと。

これにより、ペダルストロークあたりのパフォーマンスを最大9倍(従来の鋼と比較して)、3.5ワット向上さるたと言う。

 

スポンサーリンク

Fulcrum Speed CmptznDB

こちらはプロモーションビデオ
Fulcrum Speed 40 and 55 CMPTZN DB – Wheelset

 

Fulcrumは、ホイールの外観にブラックオンブラックの配色を採用。まあ、カーボンホイールなのでブラックに近いのは当たり前ではあるんですけど。

よりブラックな外観を意識したということでしょうか。

 

photo Fulcrum

リムのより暗い外観と合わせて、Fulcrumは新しいハブにもマットブラック処理を施している。

 

photo Fulcrum

エリア・ヴィヴィアーニがホイールを掲げてますが、まさにブラック一色ですね。

 

photo Fulcrum

走っていると、ブラック一色で、どこのホイールか全くわからないですね。

 

Cmptznの意味は?

photo Fulcrum

 

ホイールの名前にもなっているCmptznの意味ですが、イタリア語で競争(Competition)から母音を引いたもの。

CULTベアリングは非常に精密に機械加工されており、耐食性が高いため、潤滑にグリースは必要ない。必要なのは一滴のオイルだけで、Fulcrumはハブの転がり摩擦をさらに減らすと言う。

500 rpmでテストしたところ、CULTベアリングを備えたホイールは、回転を停止するのに45分かかると言われている。

もう1つのメリットとして、CULTベアリングは、Speed40および55DBホイールのUSBベアリングよりも1セットあたり10g軽量となっている。

 

Speed Cmptzn DBホイールの仕様

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Fulcrum Wheels(@fulcrum_wheels)がシェアした投稿

 

二つのホイールはリムハイトが違うだけで、あとの仕様はほぼ一緒。

重量はSpeed40 CMPTZN DBが1460g。Speed55 CMPTZN DBホイールが1,570g。

  • タイヤタイプ :  2-WAYFIT(クリンチャーおよびチューブレス用)
  • ベアリング :  セラミックCULTベアリング、カップ&コーンシステム
  • リム内部幅 : 19mm
  • リム外部幅 :  26.5mm
  • ブレーキシステム :  ディスクブレーキ専用
  • タイヤ幅 : 23mmから50mmまで
  • 価格 : Speed40  2,250ユーロ(約28万円)  Speed50 2,250ユーロ(約28万円)

 

現在、2021年2月の大量生産までの間、数量限定で入手可能となっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました