ロードバイクの情報を発信しています!

BORA-hansgroheのマークス・ブルグハートがオフトレーニングに入れない理由

海外情報
Photo by Anna Auza on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

経験豊富なマークス・ブルグハート(Marcus Burghardt)は、しばらくバイクから離れなければならない。

インスタグラムの投稿によると、BORA-hansgroheの37歳のライダーは膝の炎症に悩まされており、来シーズンを見据えてリスクを取っていないという。

膝が痛むと走れないので辛いでしょうねえ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Marcus Burghardt(@marcusburghardt)がシェアした投稿

 

マークス・ブルグハートは、すでにシーズンの準備に追われていたが、トレーニング中に膝を痛めてしまった。

ステージキャプテンやクラシック班としてキャリアをスタートさせたが、現在は主にロードキャプテンやアシストとして活躍しており、近いうちにバイクに戻ってきたいと考えている。

 

マークス・ブルグハートは、16年前にT-Mobileでプロサイクリングを始め、その後はTeam ColumbiaやBMCでも活躍。

2017年からBORA-hansgroheに移籍。ブルグハートは2007ツアー・オブ・スイスのステージで2勝し、2007ヘント〜ウェヴェルヘムで最高の成績を収めた。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Marcus Burghardt(@marcusburghardt)がシェアした投稿

 

2008年のツール・ド・フランスでは、サンテティエンヌでもステージ勝利を収めている。

2020年シーズンは19日間のレースにしか出場していない。ストラーデ・ビアンケで23位に入り、ベルギーの石畳クラシックやミラノ~サンレモにも出場している。

マークス・ブルグハートの最大の目標は、パリ~ルーベを制すること。まだまだやめられませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました