ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・ド・ワロニーの総合優勝は意外にも~

海外情報
tiz-cycling VTRより
この記事は約3分で読めます。

ツール・ド・ワロニーの最終ステージが行われた。昨晩は、ツール・ド・リムザンをスマホで見ながら、ワロニーも見るという2台体制で見ていた。

リムザンは新城幸也も優勝しているレース。

パソコンが1台壊れたので、スマホでも見ているけどゼッケンナンバーが見えないので小さい画面では見にくいな。とくにiphone SEのちっこい画面だし。

ワロニーの最終ステージをキャプチャーした画像でもって紹介します。

 

スポンサーリンク

Stage 4 » Blegny › Erezée (199.4k)

https://www.procyclingstats.com/race/tour-de-wallonie/2020/stage-4/today/profiles

第4ステージ

小刻みにアップダウンのあるコース。

今回もスプリンターステージとはならず、パンチャー向きのコースかな。リーダージャージは第3ステージを獲得したアルノー・デマール(FDJ)。

デマールがジャージを守れるのかが、焦点となったレースだった。グレッグ・ファン・アーベルマートは20秒差の2位だ。

 

tiz-cycling VTRより 以下同様

逃げにはゼネク・スティバルの姿が。

 

 

マーク・カヴェンディシュは集団最後尾。今日もスプリントに残れることもなく。この調子ではツール出場どころの話ではない。来シーズンの契約も危ないかもしれない。

 

逃げには、ロットのスタン・デウルフも乗っている。

 

  

パンクしたのか、グレッグ・ファン・アーベルマートがバイク交換。一人前に待っていて無事に集団合流。

 

逃げは丘で遅れて3人になる。

 

後ろからは、イネオスのミカル・ゴラスとNTTのディラン・サンダーランドが追走。二人は前の3人に追いつく。

 

集団はCCCが引く場面が多く見られた。バーレーン・マクラーレンの新城幸也の姿も先頭に見られた。何か、前を斜行されて口喧嘩してたけど。

 

ラスト10km付近から始まる登りで、またも集団は縦長に。グレッグ・ファン・アーベルマートやヨナタン・ナルバエスの姿が先頭に見られる。

 

アルノー・デマールは大ピンチだ。この時点で追いつくことはないと思ったけども~。

 

頂上からヨナタン・ナルバエスが下りアタック!

 

全開のTTモードでヨナタン・ナルバエスは進む。後ろの追走するFDJとの勝負だ。

 

ギリギリで逃げ切るかと思ったのですが~。

ゴール手前300mで追いつかれてしまう。頑張ったのになあ~。

 

最後はまたも、フィリップ・ジルベールとアルノー・デマールの一騎打ちでデマールが勝利。

3位はグレッグ・ファン・アーベルマートだ。見事にアルノー・デマールがリーダージャージを守り切った。

今日も、ハラハラドキドキの面白いゴールシーンを見て貰いました。アルノー・デマールは2連続ステージ勝利に総合勝利の素晴らしい活躍だった。

 

こちらはラスト1キロから

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました