ロードバイクの情報を発信しています!

トラクターこと、ティム・デクレルクがウルフパックを離れLidl-Trekに加わる

海外情報
Photo credit: babbo1957 on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

赤い提灯、トラクターなど言われ、ツール・ド・フランスに限らず、常に集団の先頭を引く姿が見られるSoudal – Quick Stepのティム・デクレルク。

7シーズン走ったウルフパックからLidl-Trekに移籍となる。

 

スポンサーリンク

2年契約

 

ティム・デクレルクは、ザ・トラクター(El Tractor)と呼ばれ、レースをコントールしチームを勝利に導く。自分自身が勝つことはまずない。

最も成績の良いのは2020ブルッヘ〜デ・パンネ (1.UWT)で2位。2019ヴォルタ・アン・アルガルヴェ(2.HC)で山岳賞となったくらいだ。

クラシックが得意なのだけど、自分のために走れるレースはない。それでもチームになくてはならない存在だ。

ただ、2022年はコロナ感染から、心筋炎に苦しんでツール・ド・フランスの出場を逃している。

 

ティム・デクレルクのコメント

Lidl-Trekは素晴らしい価値観を持った成長中のチームだと思う。魅力的な走りで、毎年ステップアップしている。彼らに加わることができて、とても興奮している。

また、彼らは科学に基づいたアプローチにますます取り組み始め、革新のためにオープンであることに熱心なようだ。私は体育学を専攻していたので、そのような環境で働けることをとても楽しみにしている。

Lidlのロゴが、私のキャリアを追いかけてくるような感じです!

でも、このような大企業がサイクリングに投資しようとしていることは、サイクリングにとって素晴らしいことだと思う。

彼らがLidl-Trekのチームをスポンサーに選んだことは、それが素晴らしい価値観を持った超プロフェッショナルなチームであることを示している。

もちろん、長い年月を経てクイックステップを離れるのはとても奇妙なことだ。スタッフやライダーの中には、長い時間を経て本当に友達になった人もいるし、一緒に素晴らしい瞬間を過ごしたこともある。その一方で、ここ数年のチームはもう同じではないし、新しい挑戦を本当に楽しみにしている。

ベルギーの選手たちのほとんどはよく知っているし、トレーニングキャンプではとても楽しい時間を過ごせると思う。

チームが僕に求めているすべての選手のために働くことも楽しみにしているが、マッズ・ピーダスンのためにクラシックやグランツールで役に立ちたいと思っている。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました