ロードバイクの情報を発信しています!

ゲラント・トーマスがツール・ド・スイスでチームイネオスを率いる

海外情報
photo Sirott
この記事は約6分で読めます。

クリス・フルームが大腿骨骨折で離脱したため、ツール・ド・フランスでゲラント・トーマスにかかる比重が大きくなった。

 

ゲラント・トーマスはツール・ド・スイスでツール・ド・フランス前の調整を行う。今シーズンは、あまり好成績ではない。

ここで、調子の良さを見せてこないとツール・ド・フランスでの優勝も厳しくなるだろう。

ツール・ド・スイスは初日からタイムトライヤルで始まる。トーマスとベルナルの仕上がり具合が気になるところ。

 

スポンサーリンク

ツール・ド・スイス

https://www.tourdesuisse.ch/

クリテリウム・ドーフィネと並んで、ツール・ド・フランスの前哨戦として総合系の選手が多く集まってくるレース。

その歴史は古く今年で83回目の開催となる。1,300キロ、17500mの獲得標高。

ステージレースの中でも格式が高く、グランツールに次ぐ「第4のグランツール」とも呼ばれている。

今回は9ステージ。

  1. 第1ステージ  ラングナは I.E.〜ラングナウ I.E  9.5㎞(個人TT)
  2. 第2ステージ  ラングナウI.E.〜ラングナウ I.E.  159.6㎞(丘陵)
  3. 第3ステージ  フラマット〜ムルテン  162.3㎞(平坦)
  4. 第4ステージ  ムルテン〜アルレスハイム  163.9㎞(丘陵)
  5. 第5ステージ  ミュンヘンシュタイン〜アインジーデルン  177㎞(丘陵)
  6. 第6ステージ  アインジーデルン〜フルームスベルグ  120.2㎞(山岳)
  7. 第7ステージ  ウンターターツェン〜ゴッタルド峠  216.6㎞(山岳)
  8. 第8ステージ  ウルリヘン〜ウルリヘン  19.2㎞(個人TT)
  9. 第9ステージ ウルリヘン~ウルリヘン 144.4km(山岳)

 

レースは、個人タイムトライアルが2回。アルプスの急峻な山岳を利用した厳しいコースはツールの前哨戦としてピッタリだ。

 

注目の第1ステージタイムトライアルのコースは、スタートして折り返してくる高低差の少ない高速な走りの期待できるコース。

 

https://www.tourdesuisse.ch/de/

第1ステージ

 

距離は9.5キロと短い。タイムトライアルを得意とするゲラント・トーマスがどれだけのタイムで走れるのか注目が集まる。

ここでのタイムトライヤルの注目選手は

 
  • ローハン・デニス (Bahrain Merida)
  • マイケル・マシューズ(Team Sunweb)
  • パトリック・ベヴィン(Team CCC)
  • トム・ボーリ(UAE-Team Emirates)
  • エンリク・マス(Deceuninck – Quick Step)
  • エガン・ベルナル(Team INEOS)

と、いったところか。

 

ローハン・デニス

なんと言っても2018年世界タイムトライヤルチャンピオンのローハン・デニス。2018のブエルタのタイムトライヤルで2勝。ジロでも1勝。

2015年には当時のアワーレコードも樹立しているローハン・デニス。今大会でもタイムトライヤルは狙ってくるだろう。

 

マイケル・マシューズ

スプリンターながら、短いタイムトライヤルでは強い。今回の距離より短い6.1キロの2016パリ~ニースではトム・デュアルに1秒差で勝利している。

 

パトリック・ベヴィン

パトリック・ベヴィンも、2016年のパリ~ニースでトム・デュムランについで3位になっている。2016年にはニュージーランドの国内タイムトライヤルチャンピオンだ。

 

トム・ポーリ

今回と距離の似ている、Driedaagse van West-Vlaanderen (2.1)で2018年に優勝。

2018年 Driedaagse De Panne-Koksijde (2.HC)では、同タイムでトニー・マルティンについで3位。この時の距離は14.2キロ。地元スイスの選手として頑張れるか。

 

エンリク・マス

今回のステージでは総合優勝候補のエンリク・マスもタイムトライヤルでは上位を狙ってくるだろう。昨年のブエルタでも第16ステージのタイムトライヤルで6位に入っている。

 

エガン・ベルナル

チームメイトのエガン・ベルナルもタイムトライヤルでも上位に入ってくるはず。今年のパリ~ニースのタイムトライヤルでは6位に入っており、総合優勝も決めた。

2018年のツール・ド・ロマンディではプリモシュ・ログリッチ、リッチー・ポートを抑えてタイムトライヤルで優勝している。鎖骨骨折からどれだけ回復しているがポイントとなりそう。

01 Etappe Langnau Prolog Streckenanimation 19

 

チームイネオスのスタートリスト

 

ツール・ド・フランスにも出場するルーク・ロウとケニー・エリッソンドがアシスト。スプリントはベン・スウィフトとオウェイン・ドゥールが狙う。

Team INEOSスタートリスト
  • 41 THOMAS Geraint(33)オールラウンダー
  • 42 BERNAL Egan(22)オールラウンダー
  • 43 ELISSONDE Kenny(28)クライマー
  • 44 DOULL Owain(26)ルーラー
  • 45 ROWE Luke(29)ルーラー
  • 46 SWIFT Ben(32)スプリント
  • 47 CASTROVIEJO Jonathan(22)ルーラー

 

ゲラント・トーマスの昨年のツール前の成績は素晴らしかった。今年は、ここまでスロースタートのようだが、ツール・ド・スイスでの成績が問われるレースとなる。

2019年のここまでの成績は

  • Volta a la Comunitat Valenciana (2.1) 総合44位
  • Strade Bianche (1.UWT) 12位
  • Tirreno-Adriatico (2.UWT) DNF
  • Itzulia Basque Country (2.UWT)  総合40位
  • Tour de Romandie (2.UWT) 総合3位
 
ツール・ド・ロマンディからは、しばらくレースをせずフルームやワウト・プールスらのチームメイトと、テネリフェ島で合宿をおこなっていた。

 

 

これまで、フルームはツールの前哨戦であるクリテリウム・ドーフィネで優勝した年は全てツール・ド・フランスで優勝している。

トーマスも昨年のクリテリウム・ドーフィネで優勝してツール・ド・フランスで優勝した。ツールの前哨戦であるドーフィネで優勝することはマストかもしれない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました