ロードバイクの情報を発信しています!

マイヨジョーヌを着用したライダーが引退から2年して自転車の世界に復帰

海外情報
photo Simon Gerrans instagram
この記事は約2分で読めます。

復帰したのは、サイモン・ゲランス(Simon Gerrans)40歳。

14年間のキャリアで、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ、ミラノ〜サンレモ、3つのグランドツアーすべてで勝利を収め、2013年にはツール・ド・フランスでマイヨ・ジョーヌを着用したライダー。

地元のツアー・ダウンアンダーは4回制しており、キャリア通算37勝。オーストラリアを代表する偉大なライダーの一人となっている。

最後は、2018年BMCで引退している。

 

スポンサーリンク

欧州への移籍を助ける

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

InForm TM Insight MAKE(@inform_tminsight_make)がシェアした投稿

 

今回サイモン・ゲランスが復帰したチームは、オーストラリア国内のチームInform TM Insight Make。

チームは2014年にInForm DesignのCam McKimmによって設立されている。

サイモン・ゲランスは、「Pathways Coordinator」として参加し、このチームの若いライダーが、ヨーロッパのチームへの移籍を助けることが彼の主な仕事となる。

 

Simon Gerrans wants to help young riders make it to the WorldTour

 

サイモン・ゲランスは、38歳で引退した後、金融サービス会社Goldman Sachsの証券部門で1年間働いた後、スペインのジローナに拠点を置く国際的なフルサービスサイクリングビジネスであるサービスコースの最高執行責任者および後援者になった。

Team Inform TM Insight Makeは、オーストラリアを代表する国内チームの1つであり、過去2年間にオーストラリアのナショナルロードシリーズで個人ランキング1位を獲得している。

最終的に、チームとしてはジュニアレベルと17歳未満のレベルの若いオーストラリアのサイクリストが、プロになるための道の一部になるように考えられている。

アメリカのアクセル・メルクスが率いるHagens Berman Axeonや、Rally UHC Cyclingのように多くのプロを輩出するチームになるかもしれないですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました