ロードバイクの情報を発信しています!

2022年にSTRAVAで最も走っていたプロライダーは誰だ?

海外情報
Photo credit: Sum_of_Marc on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

STRAVAに投稿しているプロライダーで誰が2022年に一番乗ったのか統計が出ている。

これによると、男子の一番はTeam Arkéa Samsicのルーカス・オーシアン。2番は世界チャンピオンのレムコ・エヴェネプールだ。

レムコは、35,870.7 km を記録し、獲得標高504,464mを記録している。

女子は、ミーガン・アーミテージ(Megan Armitage)Arkéa Pro Cycling Team所属。30,497 kmの走行距離と獲得標高は、373,891m。女子でもプロは3万キロ乗っているんですね。

 

スポンサーリンク

STRAVAに投稿しているプロライダーの走行距離

 

トップ11のライダーは

  1. ルーカス・オーシアン Team Arkéa Samsic 40,401km
  2. レムコ・エヴェネプール Quick-Step Alpha Vinyl Team 35,870.7km
  3. テイメン・アレンスマン Team DSM  35,794km
  4. ミケル・ビズカーラ Euskaltel – Euskadi 35,525.9km
  5. ヨナス・アプラハムセン Uno-X Pro Cycling Team 35,122.6km
  6. グレッグ・ファンアーベルマート AG2R Citroën Team 34,811.7m
  7. カールフレドリク・ハーゲン Israel – Premier Tech 34,514.1km
  8. キコ・ガルバン  Equipo Kern Pharma 34,051.9km
  9. ミケル・イトゥリア Euskaltel – Euskadi 33,891.3km
  10. ダリル・インピー Israel – Premier Tech 33,732.7km
  11. ディラン・ファンバーレ INEOS Grenadiers 33,685.7km

 

ルーカス・オーシアンだけ4万キロを越えている。年間3万キロ以上乗っているライダーは87人。

 

ちなみに主なライダーは

  • 22位 ミハウ・クフィアトコフスキ INEOS Grenadiers 32,634.1km
  • 26位 ワウト・ファンアールト Jumbo-Visma 32,359.3km
  • 31位 エドアルド・アッフィニ Jumbo-Visma 32,148.8km
  • 34位 アレクサンダー・クリストフ Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux 31,991.2km
  • 48位 トーマス・デヘント Lotto Soudal 31,202.3km
  • 52位 コナー・スウィフト Team Arkéa Samsic 31,093.1km
  • 59位 ワレン・バルギル Team Arkéa Samsic 30,699.1km
  • 78位 オリバー・ナーセン AG2R Citroën Team 30,699.1km
  • 88位 セップ・クス Jumbo-Visma 29,810.6km

 

当然、全てのライドをSTRAVAにアップしている訳ではないだろうから、完全に正確な走行距離とは言えないかもしれない。

だけど、プロは年間3万キロ乗るというのは本当のことのようだ。12月でも3,500km以上乗っているライダーもいる。一日100km以上を毎日乗っている計算となるので凄いことだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました