ロードバイクの情報を発信しています!

Orbeaから2021年モデルOrcaが12モデルを発表

機材情報
photo Orbea
この記事は約4分で読めます。

Orbeaは2021年モデルOrcaシリーズを一新。

12モデルを一気に公開した。最高峰の5つのモデルはLTDの名前がつきレース用バイクの位置付け。

コンポのカスタマイズも簡単に出来、自分好みのバイクに仕上げることが出来る。

 

スポンサーリンク

Orbea Orca

こちらはORCAのプロモーションビデオ

NEW ORBEA ORCA

Orcaはシャチという意味。この新しくなったOrcaシリーズの特徴を見てみると

 

Orbea Orca
主な特徴
  • Orca OMRとOMXの2種類のフレーム
  • 快適性を考慮したジオメトリの変更
  • ケーブルの内装化
  • 耐久性にすぐれたコクピット
  • 最大35mmのタイヤが装着可能
  • 上位モデルはカスタマイズ可能

 

Orca OMRとOMXの2種類のフレーム

photo Orbea

Orbea Orcaには2種類のフレームが存在する。

上位もモデルのLTDの名前が5モデルはOMRのフレームが使われる。レース仕様で軽量化を目指したフレームだ。

 

OMRのシートステイの形状

OMRのフレーム形状は、各部分がエアロ形状となっている。

ダウンチューブ、シートチューブ、シートステイセクションは楕円形にされ、微妙にフラット化されて、以前のバージョンよりも10%の抵抗低減が実現されている。

 

OMRフレームはレース仕様で軽量。重量も53cmモデルで833g。

 

OMRフレーム形状

OMRフレームは丸みを帯びた形状とし、コンプライアンスを向上させ、重量を軽減しているため、スムーズで効率的な乗り心地を求めるライダーに最適となっている。

コンプライアンスと振動吸収が以前のOMRよりも5%向上し、現在のOMXよりも10%向上している。

快適性を重視した耐久モデル。重量は53cmモデルで1030g。

 

OC RISEハンドルバー

photo Orbea

標準のコンパクトロードバーと比較して、OCライズハンドルバーは、スタックを20mm長くして、リーチを5mm短くしている。

快適さを高めるポジションで持久力を高めてくれる。

 

photo Orbea

当然普通のハンドルバーを選択することも可能。2種類から選べることでスペーサーで調整することなく、ポジションを決めることが出来るのは嬉しい配慮だ。

 

photo Orbea

ドロップシートステイを採用し、タイヤのクリアランスは35mmまで向上。

 

photo Orbea

シートポストは隠しクランプで調整可能。この位置だと簡単に調整可能なので便利だ。

 

上位5モデルのカスタマイズの範囲は以下の通りとなる。

モデルフレームセット統合ハンドルカスタマイズ
M-LTDモデルOMX
フレームセット
OC2ステムとヘッドセットドロップバー完全カスタマイズ
M-TEAMモデルOMR
フレームセット
OC2ステムとヘッドセットOCライズバー選択可能
色とコンポーネント
M20
M30
M40
OMR
フレームセット
OC1ステムとヘッドセットOC Rise Barスタンダード3色のオプション

 

12モデルもあると、選ぶのに苦労してしまいそうだ。上位モデルはコンポもパーツも選択出来るので、その点は大変良いと思う。

プロジェクトワンほどカラー選択はないけど、フレームの色やフォーク、途中からのカラー変更など出来るようになっているのも嬉しい配慮だ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました