ロードバイクの情報を発信しています!

Focusからブランド初となるグラベルバイクFocus Atlas登場 負けるバイクとは?

機材情報
photo Focus
この記事は約4分で読めます。

Focusからブランド初となるグラベルバイク、Focus Atlasが登場。

Atlasを紹介するうたい文句として、「負けさせる、失わせる」というキャッチフレーズがついている。

これらの意味は

Atlasは、レースに勝ったり、世界記録を樹立したり、人々を打ち負かしたりするためのものではありません。負けさせられます。

忙しい日常は、あなたの心を失い、時間を忘れ、自分自身を失います。自然の中で出かけたり、冒険をしたり、人と会ったり、そして一般的にはただ素晴らしい時間を過ごすためです。

日常から離れて、逃げる瞬間、脱出するために作れられた長距離用のバイクだ。

 

スポンサーリンク

2021 Focus Atlas

こちらはプロモーションビデオ。
Made to lose – FOCUS Atlas Gravel Bike

動画を見ていると楽しそうだ。こんな楽しみ方もあるんだなという感じがしますね。

 

photo Focus

軽量と耐久性のバランスをとることを目的としておりアルミフレームとなっている。内部ケーブルルーティングとなっているフルカーボンのフォークを備えている。

カバンがついてなかったら、普通にロードバイクとして走れそうな感じですね。

 

photo Focus

カバンを全て取り付けると、あっという間にグラベルバイクに変身する。

バイクパッキング用に

  • フレームには4つのケージ取付ポイント
  • 各フォークレッグに任意のケージマウント
  • リアラックマウント
  • フロントとリアにフェンダー取付可能

 

photo Focus

最大700c x 47mm幅のタイヤ用のクリアランスがあり、650bホイールでもセット出来る。

フォーカスのCIS統合コックピットは、フレームとフォークの完全な内部ルーティングを提供し、ハンドルバーバッグを前もって取り付けようとしているバイクパッカーには助かる設計だ。

 

photo Focus

CISコクピットでは、完全なエアロセットアップを行う代わりに、ケーブルをヘッドセットの上部キャップのポートに通してから、フォークステアラーに配線する。

これにより、コックピットの調整可能性と機械的シフトの互換性が維持され、必要に応じて、完全に隠されたセットアップも可能になる。

完全に隠れてしまうと、いざ修理となった時には大変なので、少しケーブルが見えているほうが作業はしやすいですね。

 

photo Focus

ケーブルを出したほうが良いというユーザーのために、ダウンチューブにはケーブルポートも用意されている。

 

photo Focus

リアエンドは比較的短いけど、フレームリーチは長く、ステムが短いため、オフロードでは安定したトレイルバイクライドを提供してくれる。

Atlasは4つのモデルで販売される。

 

最上位モデルのAtlas6.9のスペックは

photo Focus

  • フレーム:アルミニウム、ディスク、BSA、148×12 mmスルーアクスル、フラットマウント160/160 mm、内部ケーブルルーティング
  • フォーク:カーボン、ディスク、110×12 mmスルーアクスル、フラットマウント160/160 mm、内部ブレーキケーブルルーティング、複数の取り付けポイント
  • グループセット: GRX 810、40 x 11-42、160mmローターf / r
  • ボトムブラケット: BSA
  • ハンドルバー/ステム:アルミニウム、31.8 mm、ドロップ:116 mm、リーチ:74 mm、フレア:10度、アルミニウムステム
  • シートポスト: BBB FlyPost SP-131、27,2mm、セットバック:0mm、カーボン
  • ホイール: DTスイスLNグラベル、622/24、ディスク、センターロック、フロント:110×12mm、リア:148×12mm
  • タイヤ: WTBリドラー45c
  • 重量: 10.50 kg
  • 価格 :£2299(約32万5千円)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました