ロードバイクの情報を発信しています!

CANYONから2021年モデルAeroad CFR登場

https://www.canyon.com/ja-jp/road-bikes/race-bikes/aeroad/機材情報
photo canyon
この記事は約6分で読めます。

ようやく登場した2021モデルのCANYON Aeroad CFR

これまでも何度もリークされてきたが、ついに発売となった。

Aeroadは、空気力学、快適性、剛性、軽量性を兼ね備えた、これまでに製造された中で最も用途の広いロードバイクの1つとなる。

新しいCANYON Aeroad CFRは、すべてのパフォーマンスメトリックで改善され、最大7.4W速く、170g軽く、14%剛性が高く、スタマイズ可能な新しい空力コックピットを備えている。

 

スポンサーリンク

CANYON Aeroad CFR

こちらはプロモーションビデオ

MVDP X AEROAD | PURE SPEED

 

CANYONは、エアロの専門家であるスイスサイドと協力して、4年以上の開発を経て、新しい Aeroadを「市場で最速のレースバイク」と大胆に主張。

Aeroad CFR Di2は、最も軽い装備で7.26kg。最も安価なモデルでも8kg未満となっている。

 

CANYON Aeroad CFR
特徴
  • ディスクのみのエアロロードバイク、新しいCFRハローレンジ、CFSLXおよびCFSLティア
  • トップスペックのCFRモデルは、中型サイズで7.26kg
  • 主張されているフレーム重量:CFR 915g、CF SLX 990g、CF SL 996g
  • 航空専門家スイスサイドと共同で開発
  • 45km/hの古いAeroadよりも空力的に効率が平均5.4w高い
  • ジオメトリが更新され、攻撃性がわずかに低下し、Canyonの軽量レースバイクであるUltimateと一致
  • CFRおよびCFSLXでハンドルバー幅を調整可能な統合コックピット
  • 30mmタイヤのクリアランス
  • 女性専用のビルドはCFSLレベルで利用可能

 

エアロと軽量化を実現

AEROAD | PURE SPEED

CANYONは、スイスサイドのCFDソフトウェアと空気力学の専門家の助けを借りて、ヨー度0度での効率を最大化するだけでなく、横風でのセーリング効果を活用するために、従来のAeroadの7倍以上のCFD解析を実行した。

この結果、バイク単体での空力性能は前作に比べて7.4Wの削減を果たした。

 

https://www.canyon.com/ja-jp/blog-content/science-of-speed/

フレディ君 photo canyon

実際の走行では人体の空気抵抗も考慮しなければいけない。このためCANYONはフレディ君と呼ぶ超軽量カーボン製脚ダミーを作成。

このフレディ君の足はちゃんと回転するというから凄い!

 

異なる3種類の状態で空気抵抗を測定

  1. バイク単体 7.4W
  2. バイク+フレディ君 4.4W
  3. バイク+フレディ君+ボトル2本  5.4W

通常考えられる人とボトル2本をつけた状態でも前作よりも5.4W削減に成功した。

 

一方、新しいAeroad CFRは、バイクを個々のコンポーネントに分解し、それぞれの重量を削ることで、168グラムの軽量化と、14%の剛性の向上を実現した。

軽量化の内訳
成分R065 AEROAD CFRR050 AEROAD CF SLX
フレーム915g1010g
フォーク425g445g
コックピット375g412g
SEATPOST180g186g
小さな部品55g65g
合計1950g2118g

フレームだけでも、95gの削減で915gとなっている。

フレーム重量915gというのは決して超軽量とは言えないが、CANYONは各部の重量を削ることで総重量を抑えることに成功している。

これは今年のツール・ド・フランスでアレハンドロ・バルベルデが山岳から第20ステージの個人TTでもすべて使用したことからもわかる。

ホイールを変えれば簡単に6.8kgに近づけることが出来るからだ。

 

CP0018エアロコックピット

photo canyon

CANYONはダイレクト販売のブランドだ。バイクは宅配便で送られる。

そのため、すべての顧客が損傷のリスクなしに自転車の統合コックピットを組み立てることができるソリューションを開発した。

このエアロコックピットでは、ケーブルを取り外すことなくハンドルバーを上部で分割できる。ハンドルバーは2本のボトルで固定。

 

ハンドル高の調整幅15mm photo canyon

分割できることで、ハンドル幅の調整も20mm可能となっている。ハンドルの高さも15mm調整可能。

 

ハンドルの分解の方法はこちら

How to assemble your cockpit | Canyon Aeroad

これだと輪行する場合にもハンドルを外さずに折りたためるので便利だ。しかもケーブルは内装となっているのだから素晴らしい。

 

CANYON Aeroad CFRの仕様と価格

8つのディスクブレーキモデルがあり、フレームの形状は同じだが、3つの異なるカーボンフレームレベルがある。

コンポはカンパ、シマノ、SRAMがあり、エントリーレベルからレース仕様まで幅広く選択できるようになっている。

 

Aeroad CFR eTap

photo canyon

  • フレーム:CFR
  • グループセット:SRAM Red eTapAXSパワーメーター
  • ホイール:DTスイスARC1100 Dicut 62
  • コンポ :  SRAM Red eTap AXS Powermeter
  • コックピット:CP0018
  • サドル :  Selle Italia SLR Lite
  • シートポスト :  Canyon SP0046
  • カラー : Stealth
  • 価格 : 859,000円

 

詳しくは公式サイトでどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました