ロードバイクの情報を発信しています!

バーレーン・メリダが20歳の若者2人と契約 青田買いか?

海外情報
Photo Alfred Wright instagram
この記事は約2分で読めます。

バーレーン・メリダはネオプロ二人との新たな契約を発表した。

一人は、イギリスのアルフレッド・ライト(20歳)。かれはCCC Teamからの移籍だ。

もう、ひとりはコロンビアのライダーでサンティアゴ・ブイトラゴ(20歳)。

若いライダーの獲得で将来への布石ですかね。

 

 

スポンサーリンク

Alfred Wright 

アルフレッド・ライトは、オムニウムとチームバーシュートの元ヨーロッパジュニアチャンピオン。7月にはU23のヨーロッパマディソンタイトルを獲得。

トラック競技が得意だが、6月のGiro Ciclistico d’Italia第7ステージで優勝。これはBaby Giroとして若手の登竜門として有名なレース。ロードレースへの対応もバッチリだ。

CCC Teamにはスタジアム(研修生)として所属していた。

東京での2020テストイベントでも11位を獲得しており、ロードでも頭角を現している。

 

Santiago Buitrago

https://loaizal59.wordpress.com/2017/05/10/santiago-buitrago-cuarto-en-cri-en-campeonato-nacional-juvenil-de-ruta/santiago-buitrago/

サンティアゴ・ブイトラゴはTeam Cinelliに所属している20歳。

コロンビアU23の国内レースで8位。まだこれからの選手だがコロンビアのライダーということで山岳ではチームの信頼を集めている。

彼も将来性を買われての契約だろう。良い選手を早くから契約しておき順調に育ってくれればチームにとってはプラスとなる。

20歳といっても、UAEのダディ・ボカチャルやイネオスのエガン・ベルナル、イバン・ソーサ、クイックステップのレムコ・イヴェネプールの例もあるので大化けしないとは限りませんからね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました