ロードバイクの情報を発信しています!

タディ・ポガチャルがドワルス・ドール・フラーンデレンでマチュー・ファンデルプールの逃げに乗れなかった理由とは?

海外情報
Photo credit: ctankcycles on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

タディ・ポガチャルは、ドワルス・ドール・フラーンデレンのデビュー戦で素晴らしい体験が出来るだろうとレース前に語っていた。

誰もが、マチュー・ファンデルプールとの逃げを期待した部分もあったのだけど。

ふたを開けてみると、マチュー・ファンデルプールが乗った逃げにタディ・ポガチャルの姿はなかった。その後、タディ・ポガチャルは単独でマチューのグループを追うが追いつくことはなかった。

タディ・ポガチャルが、決定的な逃げに乗れなかった理由とは?

 

スポンサーリンク

重要な瞬間に

こちらは決定的な逃げができたベルグ・テン・ホーテの登り

 

決定的な逃げが出来たのは残り71kmの、ベルグ・テン・ホーテ(Berg Ten Houte)の登り。

最大勾配は21%にもなり、日曜日のロンド・ファン・フラーンデレンにも登場する重要な箇所だ。

INEOS Grenadiersのベン・ターナーとトム・ピドコックが先頭で集団を引きのばし、これに合流できたのは6人だけ。

  1. マチュー・ファンデルプール Alpecin-Fenix
  2. シュテファン・キュング Groupama – FDJ
  3. ベン・ターナー INEOS Grenadiers
  4. トム・ピドコック INEOS Grenadiers
  5. ティシュ・ベノート Jumbo-Visma
  6. ヴィクトール・カンペナールツ Lotto Soudal

 

ここに乗れなかったタディ・ポガチャルは後手に回った。その時の様子をゴール後にタディ・ポガチャルが語っている。

 

一日中厳しいレースだった。重要な瞬間にクラッシュが発生し、後ろに留まらなければならなかった。フロントグループを逃した。

そこでのクラッシュは避けられなかった。クラッシュのためにいくつかのポジションを失った。もっと前に移動する必要があるが、登りではフルガスで走れなかった…。

頑張って戻ってきたけど、前が強すぎて速すぎた。それから何度も何度も挑戦して、結局いいレースだった。

最初の1時間は、最初の離脱のために大きな戦いがあったので、狭い道でこれらのレースがどれほど忙しいのかを感じた。日曜日にワクワクしている。

 

放送でも、全く姿が見えなかったのは落車の影響で後ろのポジションにいた為だった。集団の中では、かなり前に位置していたのだろうけど、落車はどこで起こるかわからない。

運も左右することになる。だが、落車の場所も重要な登りに入る前の位置取り合戦の場面であり、もう少し前にいるべきだったのかもしれない。

日曜日には、本命ともいえるロンド・ファン・フラーンデレンを走る。ここでの学習によって、どのようにタディ・ポガチャルは成果を出すだろうか?

逆に、落車の影響がなければ、逃げに乗っていた可能性は高い。レースの結果も違ったものになっていたかも。

更に距離が伸びるロンドでのタディ・ポガチャルの走りが注目される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました