ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ブエルタ・ア・エスパーニャ第4ステージ 落車により脱落した総合勢は?

この記事は約3分で読めます。

第4ステージは総合勢が休憩できるスプリンターステージかと思っていたけど、落車によりタイムを失う総合勢もいた。

ゴール手前4.2kmで起こった落車では、道路上にある交通標識のようなものが邪魔をしたようだ。警備員は配置されていなかったように見えた。

また、ゴール前でも落車が起こっている。事前にゴール手前400mにカーブがあることはわかっていたけれど、それでもライダーは突っ込んでしまう。

 

スポンサーリンク

サンティアゴ・ブイトラゴ Bahrain Victorious

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

 

ゴール手前4.2kmの落車では以下のライダーが巻き込まれている。

  •  ブライアン・コカール (Cofidis)
  •  サンティアゴ・ブイトラゴ (Bahrain – Victorious)
  •  カミル・マウェツキ (Bahrain – Victorious)
  •  フランソワ・ビダール (Cofidis)
  •  コービー・ホーセンス (Intermarché – Circus – Wanty)
  • ウィルコ・ケルデルマン Jumbo-Visma

 

サンティアゴ・ブイトラゴは長く地面に横たわっており、骨折が心配された。だが、なんとか立ち上がり再スタート。

しかし、2分22秒遅れのステージ127位。総合8位から2分57秒遅れの総合33位まで沈んでしまった。Bahrain Victoriousは、

  • ワウト・プールス 総合16位
  • ミケル・ランダ 総合23位
  • ダミアーノ・カルーゾ 総合25位
  • サンティアゴ・ブイトラゴ 総合33位

チームとして総合順位を狙うのは厳しい状態となっている。

 

ウィルコ・ケルデルマン Jumbo-Visma

 

総合9位だったウィルコ・ケルデルマンも3分39秒遅れのステージ160位でなんとかゴール。

総合では9位から総合38位までおちてしまった。公式サイトでは大きなケガは報告されていないが、総合ライダーを失ったのは痛い。

ゴールの写真を良く見ると、左膝から出血している。

Jumbo-Vismaの順位は

  • ヨナス・ヴィンゲゴー 4位 +31秒
  • プリモッシュ・ログリッチ 8位 +37秒
  • セップ・クス 13位 +49秒

総合で交互にアタックが出来るライダーが減るのは作戦上もマイナスとなる。

 

マライン・ファンデンベルフ EF Education-EasyPost

 

ゴール手前で起こった落車では、EF Education-EasyPostのマライン・ファンデンベルフがフェンスに突っ込んでしまう。

後ろを走るAlpecin-Deceuninckのロッベ・ヒスも落車。幸い、二人共骨折とかの大きなケガはない。

だが、これも危険なコーナーだったことは間違いない。猛烈なスピードでカーブを曲がると突っ込んでしまうのは致し方ないのでは。

ステージ2位となったフアン・モラノもカーブでスマホが頭に当たっていた。大事には至らなかったけれど、これも危険だった。

さて、続く第5ステージもスプリントで決着がつきそうだ。総合勢は落車に巻き込まれないことを祈るしかないかもしれない。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました