ロードバイクの情報を発信しています!

2021 Cro Race第4ステージ スプリンターステージを制したのは?

海外情報
Photo credit: sergei.gussev on Visualhunt
この記事は約10分で読めます。

クロアチアの4日目は、またも海岸線を走るスプリンターステージ。

日替わりでリーダーが変わっていくけど、ずば抜けている選手がいないので、逆に面白い。

今日は、誰がリーダーとなるだろう。

 

スポンサーリンク

第4ステージ   ザダル~クリクベニカ 197km

第4ステージ photo crorace.com

 

海岸線をひたすら走るコース。海岸線でも山はある。中盤に山岳があるのでゴールまでに逃げは捕まえられるだろう。

 

  1. スプリントポイント  Karlobag
  2. 3級山岳 Cacici   3.6km・5.1%
  3. スプリントポイント  セニ
  4. スプリントポイント  ヴィノドルスキ
  5. 3級山岳    Dramalj    1.0km・7.2%

 

スタート

このレースはかなり人数が多くて200人近くいる。

 

スタートからアタックがかかる。

 

逃げは6人

逃げているはプロチームの6人。

  1. ニコロ・ビュラッティ(Cycling Team Friuli ASD)
  2. ホルバット・ジガ(Adria Mobil)
  3. リツィンガー・フェリックス(WSA KTM Graz)]
  4. レキータ・シモン(Voster ATS Team)
  5. トム・リンドナー(P&S Metalltechnik)
  6. マルセリ・ボグスラフスキ(HRE Mazowsze Serce Polski)

 

先頭から、レキータ・シモン(Voster ATS Team)がアタック!

だが、その後後続に捕まる。

 

今度は、先頭から、トム・リンドナー(P&S Metalltechnik)が抜け出す。

 

これに、マルセリ・ボグスラフスキ(HRE Mazowsze Serce Polski)が追いついて先頭は二人となる。

 

集団は、Team Jumbo-Vismaと、リーダーのミラン・メンテン有するBingoal Pauwels Sauces WBも引く。

 

先頭二人は、残り33.5kmで集団と1分16秒のタイム差。

 

集団はとても大きい。大集団のままゴールに向かいそうだ。

 

先頭とは23秒程度で追っているちぎれた4人。前に見えているのだけど追いつかない。

 

集団後方で落車が。

 

集団は一列棒状で追っている。

 

先頭は残り20kmとなる。

 

後続から一人追いついて3人に。

  1. ニコロ・ビュラッティ(Cycling Team Friuli ASD)
  2. トム・リンドナー(P&S Metalltechnik)
  3. マルセリ・ボグスラフスキ(HRE Mazowsze Serce Polski)

 

先頭では、ニコロ・ビュラッティ(Cycling Team Friuli ASD)がアタックをかける。

 

先頭は二人になりそうだ。

 

と、思っていたらまた3人に。

 

集団は8秒差に迫る。

 

残り14.2kmで逃げは全て消滅。あとは、ゴールスプリントに向けて位置取り争いをするだけだ。

 

まずは、Uno-X Pro Cycling Teamが集団先頭に。

 

スプリントポイント  Novi Vinodolski

スプリントポイントはUno-X Pro Cycling Teamのアンドレアス・レックネスンが1位通過。

Team Jumbo-Vismaのミック・ヴァン・ダイクは3位通過。

 

集団アタックがかかるが逃げれることはない。

 

登りではペースが上がる。

 

登りで集団が割れた。

 

ゴール前はカーブが多いので先頭付近にいないといけない。

 

ゴール前のヘアピンカープ。

 

やっぱり、落車が起こってしまう。Team Jumbo-Vismaのミック・ヴァン・ダイクとティム・ヴァン・ダイクの兄弟が落車。さらに数人が巻き込まれる。

 

これで先頭は、Androni Giocattoli – Sidermecのルマック・ジョシプが先頭を引くことに。後ろは、オラフ・クーイだ。

 

ルマック・ジョシプが先頭でゴールに向かう。

 

だが、オラフ・クーイが万全の態勢でルマック・ジョシプを追い抜く。

 

オラフ・クーイの伸びは素晴らしく、ステージ2勝目を上げた。19歳のスプリンターはこれで早くもキャリア3勝目。

今回は落車もあり、良い位置でスプリントに入った幸運もあったけれど期待通りに勝つのは凄いことだ。ポイント賞のジャージはキープし続けそうだ。

 

リザルト

第4ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCITime
1
 KOOIJ Olav
Team Jumbo-Visma 4:49:16
2
 GROVES Kaden
Team BikeExchange ,,
3
 RUMAC Josip
Androni Giocattoli – Sidermec ,,
4
 PATERSKI Maciej
Voster ATS Team ,,
5
 EINHORN Itamar
Israel Start-Up Nation ,,
6
 ANGULO Antonio
Euskaltel – Euskadi ,,
7
 BROŻYNA Piotr
HRE Mazowsze Serce Polski ,,
8
 CARRETTA Riccardo
Cycling Team Friuli ASD ,,
9
 WILLIAMS Stephen
Bahrain – Victorious ,,
10
 MARTÍN Gotzon
Euskaltel – Euskadi ,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
12▲1
 SKAARSETH Anders
Uno-X Pro Cycling Team319:01:50
21▼1
 MENTEN Milan
Bingoal Pauwels Sauces WB ,,
33
 VAN DIJKE Mick
Team Jumbo-Visma 0:06
417▲13
 RUMAC Josip
Androni Giocattoli – Sidermec 0:08
54▼1
 HOELGAARD Markus
Uno-X Pro Cycling Team 0:09
65▼1
 BERRADE Urko
Equipo Kern Pharma 0:10
727▲20
 TRÆEN Torstein
Uno-X Pro Cycling Team ,,
86▼2
 RÖBER Dominik
P&S Metalltechnik ,,
97▼2
 WILLIAMS Stephen
Bahrain – Victorious 0:11
108▼2
 ANGULO Antonio
Euskaltel – Euskadi 0:12

総合は、Uno-X Pro Cycling Teamのアンドレアス・レックネスンが同タイムながら、ゴールの順位により総合トップに立つ。明日のクイーンステージで勝負が決まりそうだ。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 KOOIJ Olav
Team Jumbo-Visma70
22
 MENTEN Milan
Bingoal Pauwels Sauces WB44
34▲1
 EINHORN Itamar
Israel Start-Up Nation42
49▲5
 GROVES Kaden
Team BikeExchange41
56▲1
 ANGULO Antonio
Euskaltel – Euskadi39
67▲1
 SKAARSETH Anders
Uno-X Pro Cycling Team33
73▼4
 VAN DIJKE Mick
Team Jumbo-Visma32
811▲3
 RUMAC Josip
Androni Giocattoli – Sidermec32
95▼4
 BAUHAUS Phil
Bahrain – Victorious29
1010
 MARTÍN Gotzon
Euskaltel – Euskadi24

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 TRÆEN Torstein
Uno-X Pro Cycling Team15
22
 BUDZINSKI Marcin
HRE Mazowsze Serce Polski10
33
 OOMEN Sam
Team Jumbo-Visma8
45▲1
 CASTRILLO Jaime
Equipo Kern Pharma6
54▼1
 BARRENETXEA Jon
Caja Rural – Seguros RGA6
66
 MEILER Lukas
Team Vorarlberg6
77
 RÖBER Dominik
P&S Metalltechnik4
88
 PEYSKENS Dimitri
Bingoal Pauwels Sauces WB4
99
 AZPARREN Xabier Mikel
Euskaltel – Euskadi4
10 
 REKITA Szymon
Voster ATS Team3

新人賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 VAN DIJKE Mick
Team Jumbo-Visma19:01:56
22
 RÖBER Dominik
P&S Metalltechnik0:04
34▲1
 MESSNER Martin
WSA KTM Graz0:06
43▼1
 GLIVAR Gal
Adria Mobil,,
55
 MIHOLJEVIĆ Fran
Cycling Team Friuli ASD1:56
66
 HOČEVAR Kristjan
Adria Mobil1:59
77
 LAZKANO Oier
Caja Rural – Seguros RGA,,
88
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious,,
99
 SANDRI Edoardo
Cycling Team Friuli ASD3:57
1011▲1
 NOVIKOV Savva
Equipo Kern Pharma5:58

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました