ロードバイクの情報を発信しています!

ボルタ・ア・カタルーニャ第1ステージのゴール後にソンニ・コルブレッリが意識不明で心臓マッサージを

海外情報
Photo by Yassine Khalfalli on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

ボルタ・ア・カタルーニャ第1ステージは、登りスプリントで決着となった。

最後は、2019年に、このステージで優勝しているマイケル・マシューズとソンニ・コルブレッリの対決に。

勝利はマイケル・マシューズの頭上に輝いたが、2位に入ったソンニ・コルブレッリはゴール後に意識を失ってしまう。

 

スポンサーリンク

胸骨圧迫の治療

 

ゴールでは。普通にスプリントしていたソンニ・コルブレッリ。ミラノ~サンレモを気管支炎で走らなかったが、やはり万全ではなかったということなのか。

 

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット

 

一番右が、ソンニ・コルブレッリだが、この後倒れ込んでしまう。

 

こちらのツイートでは現場で治療しているシーンが見られる

 

医療チームは、現場で胸骨圧迫の治療を開始。ようは、心臓マッサージだ。

意識不明ということだが、心臓マッサージをするということは、実際に心臓が止まったのかもしれない。

Bahrain Victoriousからの報告では、現在は、意識はあり、話も出来るようになったと。詳しく検査してみないと、心臓に問題があるとかはわからない。

それは、チームからの更なる医療アップデートでそれはあきらかになるだろう。

やはり、気管支炎で、ミラノ~サンレモをパスしたぐらいだから、まだ無理をしてはいけない時期だったのは間違いない。

 

【追記及び訂正】

現在明らかになっているのは、ゴール後に心停止の可能性を伴う痙攣があった。その為、除細動装置と心臓マッサージにより命を取り留めたことが判明。現場では45分間処理が行われた。

現在は、大学病院に入院している。本当に命があって良かった。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました