ロードバイクの情報を発信しています!

Silca Synergetic Wet Lube 脱脂の必要がなくシンプルでワックスのスピードを約束

機材情報
photo silca_velo instagram
この記事は約3分で読めます。

Silcaは、これまでもSuper Secretチェーンルーブで高速なオイルを販売していた。

かなり安価だし、コストパフォーマンスはとても良い。だが、チェーンの完全脱脂をしないと効果が発揮できない。

これは、多くのチェーンオイルで同様。毎回チェーンを外して、完全にチェーンのオイルを無くすのは難しい。しかも失敗すると高価なオイルが無駄になる。

今回発売されたSilca Synergetic Wet Lubeはこの点を改良。

チェーンを毎回脱脂しなくても、そのまま使っても効果があるチェーンオイルを開発してくれた。

 

スポンサーリンク

Silca Synergetic Wet Lube

こちらは説明動画だけど、長いだけで何言ってるかわからない(^^:
Announcing Synergetic Wet Lube

 

Silcaは、新しいオイルベースのSynergetic潤滑油は、従来のチェーンオイルの使いやすさで、ワックス潤滑剤ソリューションの効率と耐久性にほぼ匹敵すると主張。

1回の塗布で、900km~1300km走れるというから、良く乗る人でも2週間はオイルの効果が持続するということ。私だったら、楽に1か月以上持つけど。

 

その秘密は、モータースポーツレースに由来する2つのスーパープレミアム添加剤の組み合わせにある。

1つはWS2ナノスケールの二硫化タングステン、もう1つはF1レースカーのバルブ潤滑剤ZDDP。

単独に摩擦を10〜15%削減するが、組み合わせることで相乗効果が形成され、摩擦の削減は50%と主張され、ペアによって形成された保護層のおかげで摩耗はさらに95%削減される。

 

photo Silca

「Synergetic」パフォーマンスの背後にある「tribofilm」メカニズムは、フランスのリヨン大学の科学者Paula UssaAldanaによって確立された。

 

その結果、Silcaは、Synergeticオイルを

これまでにテストされた中で最も速く、最も静かなオイルベースの潤滑剤であり、250Wの入力でわずか4.9W(98.1%の効率)しか失わない。

ことを実証する内部テストを主張している。

 

2つの添加剤によって形成された耐久性のある摩擦膜保護層により、潤滑油は「超高摩耗」で非常に防水性があり、完全な水没下でのテストでもチェーン内に留まると言う。

 

使い方

手順は簡単。

  1. チェーンを拭き取る
  2. 赤いキャップを外し、チェーンリンクごとに1滴を塗布
  3. 12回転ペダルを回す
  4. マイクロファイバークロス(またはドライクリーニングクロス)で拭きとる。

 

脱脂チェーンに最適だけど、新品の工場グリースチェーンでも機能し、約4〜5回の塗布で最適な機能が得られる。

先が針のように細いので、余計な部分にオイルがかかることもないのも助かる。

60mlのスクイズボトルあたり25ドル(約2500円)。

1本のボトルで、約16,000km走れるというから普通の人ならば、1年以上十分に持ちますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました