ロードバイクの情報を発信しています!

Qhubeka NextHashのセルヒオ・ヘナオが、1,151gのHuntの新型超軽量ディスクホイールに乗っている

機材情報
Photo credit: nuestrociclismo.com on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

ツール・ド・フランスでは新しい技術が色々とテストされている。

今回は、Team Qhubeka NextHashのセルヒオ・ヘナオが超軽量のディスクホイールに乗っているという情報だ。

セルヒオ・ヘナオは、Team Sky、UAEを経て2021年、Team Qhubeka NextHashに移籍しているクライマーだ。

セルヒオ・ヘナオが乗っていたのは、チームが使用するHuntのプロトタイプのディスクホイール。ディスクホイールで1,151gというのは相当軽い部類にはいる。

 

スポンサーリンク

Hunt ディスクホイール

 

このホイールが見られたのはツール・ド・フランス第8ステージの山岳でのこと。それ以来、プレゼンテーションで、いつもセルヒオ・ヘナオのホイールをみているのだけど、これ以降は使っていない。

ツール第3週で山岳ステージがあるので、ここで使用してくるかもしれない。

リムハイトは36mmでヒルクライムに特化したホイールのようだ。

 

実重量 1,151g  photo Hunt

 

Huntはセルヒオ・ヘナオが使用したホイールの画像を共有している。リアが660g。フロントが509gで、12mmスルーアクスルのセンターロックディスクホイールで重量は1.151gと超軽量だ。

 

photo Hunt

 

スポーク数は前輪が16本、後輪が20本。これらは、各ホイールの駆動側と非駆動側の間で均等に分割されているように見える。

ハブは、Hunt 44UDカーボンスポークディスクにあるTaperLockSprintハブと比較的似ている。

 

 

明らかに、超軽量ホイールは常に多くのロードサイクリストの興味を引く。

Huntまた、最初のUDカーボンスポークディスクホイールは、スポークが16%少なくても、剛性が6%向上し、高周波のロードバズを吸収するのに優れていると主張している。

ツール・ド・フランスの山岳でチューブラーとしての地位を少し証明した今、次のステップは、消費者向けのチューブレスバージョンを作ることだという。

Huntはそれがフックレスかもしれないとさえほのめかしている。

Huntは新しいホイールブランドだけど、意欲的なホイールをダイレクト販売で安価に提供している。

現在でも、HUNT 36UDカーボンスポークホイールセットは、1,295gでディスクホイールとして販売しているが、価格は179,764円と安価だ。

Huntの新型ホイールも多分、安価で市場に登場すると思われる。このホイールブランドに要注目だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました