ロードバイクの情報を発信しています!

マーク・カヴェンデッシュは、ツールの山岳を乗り越える綿密な計画を練る パリに着けるか?

海外情報
Photo credit: fakafaka on VisualHunt
この記事は約5分で読めます。

マーク・カヴェンデッシュがパリまで到着すれば、間違いなくグリーンジャージを獲得出来る。

だが、その前に2つの山岳ステージをクリアーしなくては、タイムアウトによりその夢はなくなってしまう。

マーク・カヴェンデッシュは、休息日のオンラインインタビューで来年の契約と、残るツールの山岳ステージをクリアーするための方法について語っている。

聞いていると、何やらパリまで到着出来そうな感じだが、どうだろうか?

 

スポンサーリンク

ツール以降への意欲を見せる

 

数週間前、マーク・カヴェンデッシュは、ツール・ド・フランスの参加者リストにも入っていなかった。

だが、このツールで4勝をあげ、今シーズンの勝利数は9。ツール通算34勝でエディ・メルクスの記録に並んでいる。

この4年で2勝しかしていなかったのだから、まさに、自転車界における最大のカムバックを果たしたと言っても良いだろう。

 

マーク・カヴェンデッシュは、記者会見でキャリアを伸ばす意向を表明している。

永遠にそれを続けることはできないけど、それでも自転車と、この仕事が好きだ。そして、私にはまだ競争力があることを示した。

インスピレーションを与え続けることが出来れば、身体が許す限りレースを続けたい。

マーク・カヴェンデッシュが契約延長することは間違いない。

このツール・ド・フランスでDeceuninck-Quick-Stepは、獲得賞金額はここまで断トツのトップだ。これはマーク・カヴェンデッシュの働きによる所が大きい。

チーム最大の功労者の一人だ。

 

山岳クリアーの綿密な計画

 

昔は、遅れたグルペットグループというと巨大で、皆話をしながらゆっくりと走っているとイメージがあったが、今は違う。

年々レーススピードが上がっており、優勝者の平均時速から計算されるタイムアウトの時間は厳しくなっている。

 

残るステージは

  • 第16ステージ パ・ド・ラ・カーズ〜サン・ゴダンス 169km(丘陵)
  • 第17ステージ ミュレ~サン=ラリ=スラン(コル・ド・ポルテ) 178km(山岳)
  • 第18ステージ  ポー~リュス・アルディダン 129.7km(山岳)
  • 第19ステージ ムランクス〜リブールヌ 207km(平坦)
  • 第20ステージ  リブルヌ~サン=テミリオン 30.8km(個人TT)
  • 第21ステージ シャトゥ〜パリ・シャンゼリゼ 108.4km(平坦)

 

第16ステージも丘陵ステージといいながら、3つの山を越えないといけない。逃げのスピードが速ければタイムカットの時間も厳しくなる。

問題は、第17ステージだろう。更に疲労が溜まる第18ステージも難しい関門だ。

マーク・カヴェンデッシュは第15ステージでは、タイムアウトまで10分近く余裕があった。残るステージはどうだろう。

 

マーク・カヴェンデッシュはタイムアウトについて次のように語っている。

制限時間については毎日緊張しているが、それについて私たちにできることは何もない。可能な限り最善を尽くす必要がある。

ステージがどのように進むかを先取りするのは好きではないが、私たちにとって最も困難なステージは過去のものであることが望まれるが、それは簡単ではない。

グルペットが、ただ笑ったり冗談を言ったりするだけだというのはよくある誤解だ。一緒に走ってくれる人がいるので助かっている。

今は、凄く科学的なものになっていて、どのようなパワーウェイトレシオにとどまることができるかを計画し、ステージの各部分でどれだけ失うことができるかを把握している。

一日中それを続けており、これはおそらく私が今までで経験した最も難しいツール・ド・フランスだ。でも、うまくいけば大丈夫だと思う。

 

ここでも、パワーメーターが役に立っている。特に、ミケル・モロコフ、ドリース・デヴァイナンス、ティム・デクレルと3人もチームメイトがアシストしてくれるので、風避けもあり下りでも力を使わなくて良い。

山岳をクリアーする計画は完璧なようなので、少し安心だ。

 

外れるチェーンについて

マーク・カヴェンデッシュは、スプリントでゴールした時に、チェーンが外れる現象が起こっている。

 

これについてカブは

チェーンの脱落は私のキャリア全体で起こっている。それは装備とは関係がない。それは私の自転車に乗る方法と関係がある。

私はラインを越えるとすぐにペダリングをやめるだけで、それはただの物理学だ。

過去に、私が自転車に乗る方法をテストしたが、他の多くの自転車ライダーとは非常に異なった乗り方をしている。心配することはない。

チェーンが暴れた状態から一気に、足を止めるので外れているということだろう。

山岳さえ、越えればマーク・カヴェンデッシュの歴史的な瞬間が見られるかもしれない。毎ステージでカブの走りをチェックしておきたい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました