ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールがストラーデ・ビアンケで実際に乗ったバイクは意外にも

機材情報
Photo credit: maresogno67 on VisualHunt / CC BY-SA
この記事は約3分で読めます。

マチュー・ファンデルプールは、ストラーデ・ビアンケで見事な勝利をあげた。

事前情報では、マチューはル・サミンでのハンドル破損を受けてCANYON Aeroadには乗らず、Canyon Ultimate に乗るということだった。

だが、実際にレースが始まるとなんとマチュー・ファンデルプールはAeroad CFRのトップスペックに乗っていた。

これについてCANYONの声明は?

 

スポンサーリンク

CANYONの声明

以下はCANYONの投稿
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Canyon Bicycles(@canyon)がシェアした投稿

 

以下はCANYONの声明文

ストラーデ・ビアンケの勝利で、キャリアの節目を終えた。
-•
CANYONは、世界の最高のライダーと協力し、彼らは理由のためにそこにある最も過酷なレースで私たちのバイクを限界までプッシュさせています。このアプローチは、ラボでは再現できないテスト条件を提供することで、最終的にはより良いバイクを作ることができるように、当社製品の継続的な開発の中心となっています。
-•
マチューは今日、当社のCP00010コックピットを装備したエアロドCFRに乗って優勝した。このセットアップは、火曜日のル・サミンでマチューのバイクから出てきたCP00015とCP00018のコックピットの事件を調査している間、我々のチームによってレースが続けられることになる。
-•
すべてのライダーの安全のために、CP00018またはCP00015コックピットを装備したAeroad CFRおよびAeroad CF SLXモデルのオーナーに連絡し、バーのシフタークランプインターフェースの問題を完全に調査する間、バイクに乗るのをやめるように要請した。今後の進捗状況と明確な次のステップについては、改めてお知らせいたします。

これを見ると、CANYONとAlpecin-Fenixの間で合意の上でAeroad CFRを使用している。だが、コクピットについては、ケーブル外装のCP00010コックピットエアロハンドルとなっている。

CANYONもシフタークランプに問題があったのではないかと予測していることもわかる。

 

実際にマチューが使用したバイクが以下の写真だ。

ケーブルは、フレームとフォークに穴をあけて通されている。これを実行したのはCANYONなのかチームメカニックなのかはわからない。

CANYONは、スポンサーチームが適応されたAeroad CFRを引き続き使用することを確認している。

従来と異なるコクピットシステムを受け入れるようにフレームを適合させるという決定は、空気力学と重量の重要性を明らかにするのに大いに役立つ。

Aeroad CFRフレームの重量は915g。UltimateCFRでは614gという超軽量の数値となっている。

新しいAeroadフレームの形状をUltimateの形状と直接比較するエアロテストはないが、その違いは明らかに重要だったということだろう。

獲得標高は3,000mを越えるが、長い登坂はない。軽量化よりもエアロを選択したほうが有利だとチームは判断したようだ。

グラベルロードであっても、エアロを選択するのは常識となるかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました