ロードバイクの情報を発信しています!

ライアン・ギボンズら3人がLidl-Trekのスプリントトレイン強化に

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt
この記事は約6分で読めます。

Lidl-Trekは3選手の移籍を発表。

  • ライアン・ギボンズ UAE Team Emirates
  • シモーネ・コンソンニ Cofidis
  • ファビオ・フェリーネ Astana Qazaqstan Team

UAE Team Emiratesのライアン・ギボンズが、Lidl-Trekに移籍となった。

あわせて、Cofidisのシモーネ・コンソンニの移籍も先に報告されている。さらに、Astana Qazaqstan Team からフェビオ・フェリーネも移籍。

3人共、スプリントトレインの強化のために加わる。

 

スポンサーリンク

ライアン・ギボンズ 2年契約

 

ライアン・ギボンズは2017年Team Dimension Dataでワルードツアーデビューを果たし、同年のツール・ド・ランカウェイで総合優勝。

2019ジロ・デ・イタリアではトップ10フニッシュを3度果たしている。2021年の南アフリカロードチャンピオン。

NTT Pro cyclingの消滅により、2021年にUAE Team Emiratesに移籍。2021ブエルタでは総合36位でフニッシュしている。

チームは層が厚くなったので、それ以降グランドツアーに出場したのは2023ジロ・デ・イタリアとなった。Lidl-Trekでは、移籍してくるミラン・メンテン、マッズ・ピーダスンのスプリントトレインの強化を期待されている。

 

ライアン・ギボンズのコメント

Lidl-Trekは、ずっと好きなチームだったし、本当に興味があった。ライダー、スタッフ、経営陣の間の雰囲気も本物でポジティブだ。

彼らはここ数年、プロトンで最も成功したチームのひとつであることを証明してきたし、彼らの野心はエキサイティングだ。この素晴らしいチームの一員となり、チームの目標達成の一翼を担うことが待ち遠しい。

世界最高のライダーの一人であるマッズ・ピーダスンと一緒にレースをし、彼の勝利に貢献したい。

私はクライミングとTTも得意なので、多方面で活躍し、チーム全体をアシストすることを目標としている。

可能な限り、またチャンスがあれば、自分自身の結果を出したいという野心も当然持っている。Lidl-Trekのカラーで優勝し、チーム内の多くの大きな勝利に貢献したい。

 

 

スポンサーリンク

シモーネ・コンソンニ 2年契約

 

シモーネ・コンソンニは、トラック競技ではINEOS Grenadiersのエリア・ヴィヴィアーニとコンビ。トラック競技出身で、2021東京オリンピック団体パーシュートでは世界新記録を出したメンバーの一人。

2023世界選手権トラックにも出場していたが、団体パーシュート決勝前に電動バイクと激突して大けが。今シーズンの復帰は難しい状態。

 

ロードでは、2017年にUAE Team Emirates。プロ初勝利は2018年ツアー・オブ・スロベニア第1ステージ。

2020年には、エリア・ヴィヴィアーニの相棒としてCofidisに移籍。2022年には、クラシック・パリ・ショーニーで、ディラン・フルーネウェーヘンを破って、プロ2勝目を上げている。

 

プロ3勝目は、2023サウジツアー第5ステージ。難しい登りゴールを制している。

 

シモーネ・コンソンニのコメント

Lidl-Trekからの提案は、私のキャリアにおいて理想的なタイミングだった。この新しい冒険で、ライダーとして、またチームプレーヤーとして、自分のポテンシャルをフルに発揮できる完璧なチームを選んだと思う。

このステータスを達成するために自分自身に取り組むことが、私の最優先事項だ。

他人を助けるという考えは、自分のスペースや自由を持つという考えよりも私を幸せにしてくれる。これは、長年にわたって多くの人が私の中に認めてきたアプローチであり、資質であると言える。

 

スポンサーリンク

ファビオ・フェリーネ 1年契約

 

Lidl-TrekにはAstana Qazaqstan Teamからファビオ・フェリーネも移籍してくる。33歳のベテランで、2010年Footon-Sevettoでプロデビュー。

元々Trekには、2014年から2019年まで滞在していた。2016ブエルタ・ア・エスパーニャ第20ステージで3位となり、アレハンドロ・バルベルデからポイント賞ジャージを奪い、最終的にポイント賞を獲得している。総合でも25位でゴールしている。

キャリアでの勝利は14勝。ロードキャプテンとして期待される存在だ。

 

フェビオ・フェリーネのコメント

この復帰は里帰りだと感じている。このチーム、この仲間たちとの絆は、特に個人的なレベルでは決して切れるものではない。

復帰の話が持ち上がったとき、それは嬉しい驚きで、すぐにイエスと答えた。私のキャリアのこの時点で、ここに戻ってくる機会は、私にとって最高の出来事だった。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました