ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・フランス第16ステージ 落車したライダーと骨折したライダーは?

海外情報
Photo credit: marsupilami92 on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

個人タイムトライヤルで落車することはあるけれど、全員が同じ場所で落車というのも珍しい。

しかも、スタートしてすぐのコーナー。それほどスピードが出ている場面ではないけれど、何故か3人も滑っている。

 

スポンサーリンク

アレクシー・ルナール Cofidis

 

Cofidisのアレクシー・ルナールも、スタートからすぐのコーナーで落車。ルナールは肘を骨折したのだけど、ゴールまで完走。

しかし、10分46秒遅れとなってしまった。さすがに肘を骨折してはツールを続けることは出来ない。

アレクシー・ルナールは第17ステージをスタートしない。

 

Team dsm – firmenichはアシクデントの連続

 

Team dsm – firmenichのアレクサンダー・エドモンソンとサム・ウェルスフォードが、スタートギリギリに到着。

通常の予定でホテルからバスで来ると、パドックが遠く、自転車の検査にも時間がかかり大変だったと。

 

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット

 

しかも、ニルス・エークホフとジョン・デゲンコルプは同じカーブで落車。

チームからは、「何が原因だったのか分かりません。道路にはペンキが残っていたが、乾いていた。

レースの序​​盤で、まだ多くのライダーが通過していなかったので、おそらく埃が舞っていたのだろう。

クラッシュの後、彼らがコーナーの障害物を動かし、それによってコーナーの角度が変わったのが見えた。しかし、このようなことが起こる。今日を忘れて、私たちの前にはまだチャンスがある」

 

コーナーの内側を回った場合に落車が発生している。まあ、後続のライダーは気を付けたので落車はそれ以降発生していない。

Team dsm – firmenichは、賞金獲得ランキング最下位。残りのステージで奮起しないといけない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました