ロードバイクの情報を発信しています!

Specializedから200gのレース対応S-Works Torch Laceシューズ登場

機材情報
PexelsによるPixabayからの画像
この記事は約3分で読めます。

Specializedは、公式ホームページでBack to the Futureと宣伝するS-Works Torch Laceシューズを発売した。

BOAダイヤルではなくて、紐靴のレース対応シューズとなっている。

従来のサイクリングシューズで同じTTを走るのと比べて、平均タイムトライアル パワーを7W向上させ、10km の TT タイムを 28 秒も大幅に短縮できる可能性があると述べている。

ただ、比較されたシューズはわからない。

 

スポンサーリンク

S-Works Torch Lace

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Specialized Bicycle Components(@iamspecialized)がシェアした投稿

 

なぜ靴ひもなのか?

BOAダイヤルを排除することで、締めすぎやホットスポットの原因となる可能性がなくなり、快適さがレベルアップするからとSpecializedは言う。

BOAダイヤルが一番しっくりくる場所にない人もいるだろうし、靴ひもならば、余分なプラスチックのモールディングを必要としない。

特にアッパーの素材を考えると、モールディングをなくすことは、非常にしなやかなシューズを意味する。

タデイ・ポガチャルも、DMTの紐靴のシューズを利用している。プロのでレースでも全く問題ないのだろう。

 

S-Works Torch Laceは、BOAを廃止して再設計された、重要なゾーンを補強した新しいアッパーを備えている。

非対称の BOAベッドを排除することで、トゥボックスの中央に印象的なラインを配し、非常にクリーンな対称的な外観を実現した。

 

S-Works Torch Laceの特徴

  • 新しいアッパーは、重要なゾーンを補強すると同時に、足にぴったりとフィットする適応性のあるフィットゾーンを提供
  • Retül の足のスキャンから収集されたデータに基づいて、新しいベースプレートは、前世代の S-Works 7 シューズよりもボール部分で 4mm幅広
  • 構造を最適化することにより、新しいカーボン プレートは S-Works 7 より 20g 軽量化。内部の「I-Beam」により、前世代と同じ剛性を維持
  • Retül のデータを利用して更新されたラストは、ライダーの足の形状によりよく適合し、側面に向かって傾斜が大きくなり、ぴったりと足にぴったりとフィット
  • 非対称のヒールカウンターは内側をサポートしながら外側の素材を取り除き、履き口を低くすることが可能
  • 紐で締めたクロージャーは、足全体に沿ったフィット感をカスタマイズする最も可能性を維持
  • チタン合金のクリートナットは回転してペダル/クリートを 5mm 後方に配置出来る。3 ボルトのクリート パターンは、すべての主要なロード ペダルに適合
  • 安全性を高めるために内側にネジが埋め込まれた滑り止めの交換可能なヒールトレッド
  • カラー :  ホワイト、ブラック、デューン ホワイト、ダーク ネイビー
  • おおよその重量:200g(1/2ペア、サイズ42)
  • 価格 :  350ドル(約4万8千円)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました