ロードバイクの情報を発信しています!

マビックR-SYSがご臨終。なんとメーカーに在庫なしとは

ブログ

長年はき倒してきたマビックのR-SYSがついにご臨終となりそうです。

先日、後輪のスポークが折れてしまいました。

代用品の昔のホイールで走っているのですが、これが練習用ホイールとなりそうです。

 

スポンサーリンク

スポークが完売とは

 

R-SYSの後輪のスポークはカーボンの丸いスポークと扁平した形のアルミスポークです。

 

何度か、ハンガーが折れてリアディレーラーがホイールにからまったことがありました。

 

からまった部分のスポークに傷がついていたので、そこが破断したのではと推測されます。

スピードが出ていなかったので不幸中の幸いと考えないといけないかなあと思いますねえ~。

 

在庫がない

ショップにスポークを注文してもらっていたのですが、なんとメーカーに在庫なしとの報告が~。

前回は、代用品でキシリウムのスポークを使いました。

今回も、キシリウムの扁平スポークならばあるだろうと考えていました。

それが、なんとないとは~。

前回キシリウムのスポークがあったのは、店の在庫だったようです。

 

寿命を迎える前に在庫品がなくなった

2012年に買ったので、結局6年くらいの使用でだめになった訳です。

リムは、まだまだ大丈夫なのでスポークの在庫さえあればOKだったのです。ですが、メーカーに在庫なしではあきらめるしかないですね。

 

今後は

とりあえず、前輪はR-SYSをそのまま使用。カーボンスポークが折れたらご臨終です。

後輪は、AMBROSIOのフォーミュラ20を使います。

ずっと、ENVEのカーボンホイールでも良いのですが、硬いんですよね。

R-SYSは、あのぶっといカーボンスポークでかなり衝撃を吸収してくれてました。ですから乗り心地はとても良かったです。

ただ、前後違うホイールというのは、見栄えもよくないですし、気分的にもちょっとねえ~。

と、いうことで次期ホイールを考えないといけなくなりました。

 

2019.2.14追記

スポークが折れた場合の復旧方法です。国内に在庫のないスポークをイギリスから取り寄せてます。これで完全復活です!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました