ロードバイクの情報を発信しています!

プリモッシュ・ログリッチはツール・ド・フランスのお気に入りでないと言う

海外情報
Photo by Isaiah Rustad on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

プリモシュ・ログリッチは、ツール・ド・フランスで優勝する可能性が最も高いライダーとして自分を見ないで欲しいと、期待を軽視しようとしている。

ログリッチは、、ドラマチックなシーンで同胞のタデイ・ポガチャルに最後のタイムトライアルで敗れるまで、2020ツール・ド・フランスの勝利に近づいていた。

その後、ログリッチは、ブエルタ・ア・エスパーニャを獲得。この春はバスクカントリー・ツアーを獲得し、パリ〜ニースで3つのステージを獲得した。

 

スポンサーリンク

期待をやわらげる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Primoz Roglic(@primozroglic)がシェアした投稿

 

プリモッシュ・ログリッチは、昨年ツールの前にクリテリウム・ドーフィネを選択。だが、落車によりリーダージャージのままリタイヤしてしまう。

今年は、準備レースはなくレースフリーのスケジュールを選択。シエラネバダの標高キャンプでのトレーニングを行っいる。

 彼のライバルであるポガチャルは先週のツアー・オブ・スロベニアで優勝してレースに復帰。6月26日から始まる今年のツールは2人の戦いになると思われている。

だが、プリモッシュ・ログリッチは決して二人の戦いになるとは思っていないようだ。

 

私はディフェンディングチャンピオンではない。しばらくレースをしていないので、そこに行ってどうなるか見ていく。

そして、新年になるといつも繰り返すが、非常に強く、勝つことができる人がたくさんいる。

それは私とタデイの間の単なる戦いではない。他に20人いる。チームとそこに行き、みんなと最善を尽くして、それが結果で何を意味するのかを見る必要がある。

昨年の結果は最終的に…確かに、私たち全員がそれを終えて勝つことができると思っていたが、それでも2位は非常に素晴らしい結果だった。

 

確かに、プリモッシュ・ログリッチはツール・ド・フランスのディフェンディングチャンピオンではない。

たが、タディ・ポガチャルと並んで、突出しているライダーの一人であることは間違いない。更に強力なアシスト陣がいる。

4月25日のリエージュ〜バストーニュ〜リエージュ以来、レースには出場していないがコンデションは万全であることは間違いないだろう。

ツール開幕まで1週間。答えはすぐにわかるばすだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました