ロードバイクの情報を発信しています!

100g未満の携帯用電動ポンプ CYCPLUS CUBE わずか80秒でOKなのでパンクした時に最適

機材情報
Image credit: cycplus-cube
この記事は約2分で読めます。

サイクリングしていて、パンクした時に大変なのは携帯用ポンプでポンピングする時だろう。

結構力は必要だし、パンクの穴が上手く塞げていなかったり、失敗した時の落胆ときたら~。

そんな時に、このCYCPLUS CUBEは携帯ポンプやボンベの代わりとなるかもしれない。

これからクラウドファンディングして販売となるので詳しいことはわからないけど、中々良いと思える製品だ。

 

スポンサーリンク

CYCPLUS CUBE

動画がみると製品の小ささと使い方が簡単なことも良くわかる

 

電動エアポンプを使う人は、携帯性を重視するあまり、実用性を犠牲にすることがあることを知っておく必要がある。

空気圧の値が高くなれば、その分ポンプの時間も長くなる。

しかしCYCPLUS CUBEは、80秒で700*25Cのロードバイクタイヤを80psiに膨らませることができる。動画では、80秒どころか一瞬でタイヤが膨らんでいるけど、早送りなのか?

これはパンクした時とか楽になるのは間違いない。

さらに、シリンダー圧縮比をコントロールすることで、CUBEの最大ポンピング圧力は約100psiなので、空気圧を上げすぎてタイヤを痛める心配もない。

 

✅ 100gより軽い
✅最大100psiまで対応
✅プレスタ&シュレーダーバルブ
✅20分クイックチャージ

 

製品開発した、CYCPLUSは、インテリジェントサイクリング機器の設計、開発、販売を専門とするハイテク企業。

中国のトップ大学「電子科学技術大学」のポスト90年代のグループで構成される30人以上の経験豊富なR&Dチームだ。

 

Image credit: cycplus-cube

 

これはボンベを持ち歩くよりも良いかもしれない。問題は、何回使用できるかだろう。10回くらいのパンクまで使えれば、長距離でも安心出来そうだけど。

INDIEGOGOでのクラウドファンディングは、これから始まるので価格や使用回数など、これからわかるはずだ。

メチャクチャ高くなければ、買いたい製品となりそうだ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました