ロードバイクの情報を発信しています!

新型SRAM REDの写真がSNSに流失 発売まじかか?

機材情報
Photo credit: Glory Cycles on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

SRAMの最高級ロード用グループセット「Red eTap AXS」は、2019年に最後のアップデートが行われた。

5年間バージョンアップされていないので、新型が出てもおかしくはない。SNSに流失した写真には3枚の画像が含まれている。

SRAMのドライブコンポーネントを再度おさらいすると下記のようなランクとなっている。詳しく書くと更に細分化される。

  1. Red eTAP AXS 電動12速ワイヤレス
  2. Red eTAP 電動11速ワイヤレス
  3. Red 11S
  4. FORCE eTap AXS 電動12速ワイヤレス
  5. Rival eTap AXS
  6. APEX

今回は、Redの新型と思われる写真だけど、2022年末にMovistar Teamやシリン・ファンアンローイが乗っているのがみられていた。

 

スポンサーリンク

新型SRAM RED

 

流失先は、Weight Weenies フォーラムに投稿されたもの。新しい可能性のある赤いディスク ブレーキ キャリパーのぼやけた画像を追跡したもの。

3枚の写真は、

  • フロントフォークに取り付けられたローター
  • リア・ディレイラーとカセット
  • フロント・シフト/ブレーキ・レバー

すべての画像には、SRAM Redのブランドが少なくとも1つ描かれており、どの製品もSRAMの現在のグループセット階層内のどの製品とも一致しないように見える。

 

ローターについては

Specialized Tarmacのフロントフォークに取り付けられたブレーキ ローターは、完全に旧型とは違っている。かなり軽量化されているのでは。

 

リアディレーラーとカセットについては

13速化が噂されていたけれど、12速のまま。しかも小さいスプロケットは10Tのままのようだ。ディレーラーに四角い穴のようなものが見えるが軽量化のためだろう

 

フロント・シフト/ブレーキ・レバーについては

フードは少し小さくなっているように見え、より握りやすくなっているように見える。シフトボタンの位置は変わっていない。

このシフトとレバーについては2023年にSRAMから特許申請されており、図面とほぼ一緒。

 

例によってSRAMはコメントを出しておらず、写真の流失先もわからない。ただ、リアディレーラーの写真はスタジオ撮影されたとしか思えないような形で、すでにモデル撮影が行われていると思っても良さそうだ。

まあ、発売はジロかツール・ド・フランスの前あたりかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました