ロードバイクの情報を発信しています!

Lotto Soudalのレジェンド、フィリップ・ジルベールの引退レースが決まる

海外情報
Photo credit: maartmeester on VisualHunt.com
この記事は約2分で読めます。

Lotto Soudalのベテランライダー、フィリップ・ジルベール(39)は、2022年シーズンで引退することを発表していた。

すでに4つのモニュメントを獲得しており、2012世界ロードチャンピオンのジルベールに残されたのは、ミラノ~サンレモを獲得することだけだった。

 

モニュメントとは
格式が高く記念碑的な意味合いも含まれている5つのクラシックレースのこと。

  1. ミラノ〜サンレモ
  2. ロンド・ファン・フラーンデレン  2017
  3. パリ〜ルーベ   2019
  4. リエージュ~バストーニュ~リエージュ 2011
  5. イル・ロンバルディア  2009・2010

だが、残念ながらミラノ~サンレモは144位でゴールして偉業達成はならなかった。この、フィリップ・ジルベールの引退レースが決まった。

 

スポンサーリンク

最終は10月15日

フィリップ・ジルベールは、この後のレーススケジュールを語っている。
YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

フィリップ・ジルベールはサイクリストとして最後の週を迎えている。

ビデオメッセージで発表されたレースプログラムでは、あと3回出場することになっている。10月9日のパリ~ツールが最後のレースとなる。

  • 10月4日 バンシュ〜シメイ〜バンシュ/メモリアル フランク・ヴァンデンブルック
  • 10月6日 パリ~ブールジュ
  • 10月9日 パリ~ツール

 

2度の優勝を果たしたパリ~ツールで、彼はそのキャリアを終えることになる。

「そこで終わることが重要だと思う。2008年にフランセーズ・デ・ジュのジャージを着て初めて大きな勝利を収め、その1年後にはロットのジャージで優勝した。」

 

そして、最後にもう一度、フィリップ・ジルベールは、バルケンブルクで本当に別れを告げることになる。

10月15日(土)には、アムステルゴールドレースで4度の優勝を果たしたカウベルクに別れを告げるビッグイベントが開催される予定となっている。

 65kmのツアーでは、フィリップが成功の大部分を達成した史跡をたどる。2012世界選手権で優勝したコースの近くも通る。

もちろん、フィニッシュラインは何度もアタックを成功させた、カウベルグの上に描かれている。偉大なライダーがまた一人プロトンから去ることになる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました