ロードバイクの情報を発信しています!

46歳のオスカル・セビリヤはミゲルアンヘル・ロペスと共に勝利を飾る

海外情報
Photo credit: nuestrociclismo.com on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

今年46歳となり、現役でプロレースに出場しているオスカル・セビリア。

Astana Qazaqstan TeamからTeam Medellin – EPMに移籍したミゲルアンヘル・ロペスと共に、今シーズンの初勝利を飾っている。

勝利したのは、アルゼンチンのブエルタ・バントラブ(Vuelta Bantrab)で2クラスのステージレース。ミゲルアンヘル・ロペスと共に並んでゴールしている。

 

スポンサーリンク

ブエルタ・バントラブ第1ステージ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Oscar Sevilla(@oscarsevilla76)がシェアした投稿

 

ブエルタ・バントラブは、5ステージだが、その第1ステージから二人は独走。3位以下に3分54秒の差をつけて勝利している。

まあ、ワールドツアーチームで走っていたミゲルアンヘル・ロペスと一緒に抜け出して、後ろはTeam Medellin – EPMのメンバーが抑えるのだから当然なんだけど。

 

オスカル・セビリアは46歳だけど、未だに力は衰えていない。

2001ブエルタ・ア・エスパーニャ総合2位。この時には8日間リーダージャージを着用。

グランツールでは、何度も上位に顔を出しており、リーダージャージをまとうことも何度もあった選手。2006年、オペラシオン・プエルトに名前があったことからドーピングの疑惑をかけられる。

ヤン・ウルリッヒとともに2006年のツール参加を拒まれてしまい、加えて同年7月22日、T-モバイルから契約を打ち切られてしまう。

2011年以降はコロンビアのコンチネンタルチームを渡り歩くことなり、現在はTeam Medellin – EPM。

コロンビアの女性と結婚して、南米に何年も住んでおり、2012年にはコロンビア国籍も取得しており、もうコロンビア人だ。

ブエルタ・ア・サンファンでは2017年総合2位、2018年総合優勝、2019年総合3位と常に総合上位の記録を残している。

そして、2020年ブエルタ・ア・サンファンではレムコ・エヴェネプール、フィリッポ・ガンナについで総合3位となっており、まだまだ健在だ。

コンチネタルチーム所属なので、出場出来るレースが少ないが確実に勝利に近い位置でゴールしている。

今は、ミゲルアンヘル・ロペスがいるのでアシスト役だが、十二分に務まっているのが凄い。

速報では、第2ステージでも集団ゴールの5位。総合首位をミゲルアンヘル・ロペスと共に同タイムでキープしている。

恐るべし46歳だ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました