ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・ド・フランスのプレゼンテーションで新しいCANYON Aeroad 公開

機材情報
photo wmncycling instagram
この記事は約4分で読めます。

ツール・ド・フランスのチームプレゼンテーションにおいて、モビスターのアレハンドロ・バルベルデがCANYONの全く新しいAeroadに乗って登場。

同様にCANYONを使用するアルケア・サムシックも新しいAeroadを披露。

また、女子チームのCANYON SRAMもインスタで公開している。発売日などは公開されていないが近いのではないだろか?

 

スポンサーリンク

CANYON Aeroad

これまで何度も新しい画像は出ていたが、今回はまじかで鮮明に撮影されている。

まずは、CANYON SRAMのインスタグラムより

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

T-1 for La Course by Le Tour de France. Link to watch the live broadcasts is on our stories. #LaCourse #UCIWWT #TakeTheLead 📸 @thomas_maheux

CANYON//SRAM Racing(@wmncycling)がシェアした投稿 –

 

これまで、マチュー・ファンデルプールがレースZWIFTで新しいCANYON Aeroad使用していたが、チームがソーシャルメディアで写真を公開することはなかった。

これはCANYONが近い将来の発売に向けて自転車を宣伝する取り組みを強化していることを示唆しているのだろう。

 

こちらはモビスターのインスタグラム。

写真をスワイプして貰うと、3枚目に新しいCANYON Aeroadが映っている。

 

photo Bettini

アルケア・サムシックのワレン・バルギルも新しいCANYON Aeroadに乗って登場だ。

新しいCANYON Aeroadの特徴は、完全に統合されたコックピット、特大のボトムブラケットエリア、厚いシートステイとチェーンステイ、さらに深いシートポスト。

 

ワレン・バルギルはクリテリウム・ドーフィネ第1ステージで乗っていたが、山岳ではCanyon Ultimateに切り替えていた。

 

そのことからも、新しいCanyon Aeroadはフラットまたはローリングステージで使用される純粋なエアロ製品であり続けると考えられる。

CANYONは公開日を発表していないが、もうすぐのはずだ。ツールではモビスターとアルケア・サムシックがフラットステージで乗るバイクに注目しておこう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました