ロードバイクの情報を発信しています!

Prologoからチャンピオンを育てたNAGO R4が軽さとパフォーマンスを再設計して登場

機材情報
Photo credit: Brendan A Ryan on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

イタリアブランドのPrologoは、2016年以来のアップデートをNAGO R4に施した。

NAGO R4のデザインは、空力的で重量も最小限に抑えられている。歴代のチャンピオンが使用してきた伝統あるサドルの第4世代となっている。

 

スポンサーリンク

Prologo NAGO R4

これまでの歴史と乗ってきたライダーも描かれた説明動画

 

NAGOは、ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリア、2つの世界選手権、そして多くのモニュメント・クラシックの勝利へと導いた象徴的なサドル。

ブラッドリー・ウィギンス、アルベルト・コンタドール、ペーター・サガン、アンディ&フランク・シュレク兄弟、ファビアン・カンチェラーラ、ソンニ・コルブレッリ、ティボー・ピノなど、多くのチャンピオンと表彰台を共にしたサドルだ。

これらの功績の歴史から、NAGO R4 (Redesign 4)が誕生した。2007年、2014年、2016年に続いて4回目の進化形。

これまでの名高い遺産をすべて集めたPrologo NAGO R4は、軽さとパフォーマンスの新しいリデザインとなっている。

このシリーズには、中央のカットアウトがあるサドルとないサドルの2種類が用意されている。

  • Nago R4 PAS 147
  • Nago R4 147

PASは、大きな中央の溝を表すPrologoの用語。

 

Nago R4 PAS 147 spec

Image credit: Prologo

 

  • 重量: Nackレールは155g、Tirox レール209g
  • 長さ: 245mm
  • 幅:  147mm
  • レール:  Rail Nack (ナノ カーボン ファイバー)、TiroX(軽量合金)
  • 価格 : €187,70(約3万円)、€113,93(約1万3千円)

レースの種類により2種類が用意されている。

 

Nago R4 147 spec

Image credit: Prologo

 

  • 重量: Nackレールは145g、Tirox レール201g
  • 長さ: 245mm
  • 幅:  147mm
  • レール:  Rail Nack (ナノ カーボン ファイバー)、TiroX(軽量合金)
  • 価格 : €187,70(約3万円)、€113,93(約1万3千円)

レースの種類により2種類が用意されている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました