ロードバイクの情報を発信しています!

車輪も折りたためる不思議なSD1折りたたみ自転車

機材情報
Image by geniobike from Pixabay
この記事は約2分で読めます。

折りたたみ自転車は様々なものが出ているけれど、ホイールまで折りたためるものは少ない。

香港のPertec Electronics Company SD1 は、2018年からこのプロジェクトに取り組んでおり、プロトタイプを開発したと述べている。

現在、製造プロセスを開始するには約2000万香港ドルが必要で、2024年の発売が予定されている。

 

スポンサーリンク

SD1折りたたみ自転車

 

3つのタイプの折りたたみ自転車があるが、折りたたみの様子が見れるのは1つだけ。動画開始から1分で折りたたみ収納の動画が見られるけど、かなり機械的で重量はかなりありそう。

ホイールが半分になる折りたたみ自転車の収納方法は動画にない。

 

プロトタイプは3種類

  • STARシリーズ:カーボンファイバーフレームと折りたたみ式ホイール
  • SUNシリーズ:カーボンファイバーフレーム、折りたたみ式ホイール
  • MOONシリーズ:カーボンファイバーフレーム、3本スポークホイール(折りたたみ不可)

 

Brompton や Pacific Cycles などの折りたたみ自転車を製造する会社が提供するモデルのほとんどは 20インチのホイール。

それに比べると26インチほどはあるホイールを折りたたみしているのは珍しい。ただ、クラウドファンディングで資金が集まるのかはわからない。

現在1名しか応募がない。結構どのシリーズも高いので手が出ない感じだ。

ホイールが折りたためるタイプは以前にも紹介している。まだ、こちらのほうがやり方などはわかりやすいかも。ただ、結構なれないと時間がかかりそうだけど。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました