ロードバイクの情報を発信しています!

BHから2021年モデルBH RS1エアロロードバイク登場

機材情報
photo BH
この記事は約3分で読めます。

スペインのバイクメーカーBHは、2021年モデルBH RS1エアロロードバイクを発表。

カーボンモノコックなフレームはケーブル内装。ジオメトリは耐久ロードバイクを意識してリラックスしたポジションが取れるようになっている。

 

スポンサーリンク

2021 BH RS1カーボン耐久エアロロードバイク

こちらはプロモーションビデオ
RS1 | AERO PERFORMANCE

新しいBH RS1は、1.5インチFSA ACRヘッドセットとコックピットシステムを採用し、すべてのケーブルを内部に完全にルーティングした。

 

photo BH

統合されたバーとステムのコンボを可能にし、機械式または電子式のディスクブレーキグループセットと連携している。

 

photo BH

フレームはエアロに最適化され、カムテール形状となっている。さらに薄いドロップシートステーとシートチューブへの後輪カットアウト。

フレームはBHのG8 Discと同じ形状となっている。

 

 

photo BH

トップチューブの下の小さな面取りに、くさび型シートポストクランプが隠れている。独自のエアロシートポストには、オフセットが0または15mmの2つのバージョンが用意されている。

 

フラットマウントディスクブレーキと12mmスルーアクスルを備えており、BHのQRクイックレバーは、未使用時にスルーアクスルの中に収まっている。

 

photo BH

BH RS1には5つのモデルがある。

トップエンドのRS1 5.0は、Ultegra Di2、FSA SLKカーボンクランク、EVO 38カーボンホイールという仕様で、5500ユーロ(約57万円)。

販売は11月からとなっている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました