ロードバイクの情報を発信しています!

2018アムステルゴールドを制したミケル・ヴァルグレンがNTTから脱出

海外情報
photo valgrenmichael instagram
この記事は約3分で読めます。

NTT Pro cyclingから、また一人有力選手が脱出に成功だ。

ミケル・ヴァルグレンが、EF Pro cyclingと2年の契約を結んだ。この2年は病気のために不調で勝利は得られていない。

だが、クラシックハンターとしての才能は決して落ちてないはずで、EF Pro cyclingのクラシック班を強化するはずだ。

 

スポンサーリンク

クラシック班を強化

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Michael Valgren Hundahl(@valgrenmichael)がシェアした投稿

 

ミケル・ヴァルグレンは、2014年Tinkoff – Saxoでワールドツアーデビュー。チーム解散に伴い2017年にAstana Pro Teamに移籍。

 

2018年にアムステルゴールドレースに、オムロープ・ヘット・ニウスブラットを制覇した。この年にはロンド・ファン・フラーデレン4位、ブルターニュ・クラシック・ウエスト=フランス2位とキャリアハイの成績をあげる。

2019年にNTTに移籍してからの勝利はない。

不調もあっただろうが、チームのアシストもアスタナほどは得られないので成績低下もやむを得ないものがあったとも言える。

EF Pro cyclingに移籍すれば、アルベルト・ベッティオル、モレノ・ホフラント、イェンス・クークレール、セバスティアン・ラングフェルドなどクラシックスペシャリストがずらりと並んでいる。

ミカル・ヴァルグレンもその中心で活躍することになるはずだ。チームの期待も大きい。

 

NTT Pro cyclingの未契約ライダー

いまだ、来シーズンの去就のわからないNTT。新しいスポンサーも発表もなく数多くの選手が未契約のまま残っている。

()は噂されている移籍チーム *は来年度まで契約済みの選手

  1.  Carlos Barbero (Euskaltel-Euskadi)
  2. Samuele Battistella* (Astana)
  3. Edvald Boasson Hagen
  4. Stefan de Bod
  5. Victor Campenaerts*
  6. Michael Carbel
  7. Nic Dlamini
  8. Benjamin Dyball
  9. Enrico Gasparotto
  10. Michael Gogl*
  11. Reinardt Janse van Rensburg
  12. 入部正太朗
  13. Ben King
  14. Roman Kreuziger
  15. Gino Mäder (Bahrain Victorious)
  16. Louis Meintjes (Circus-Wanty Gobert)
  17. Giacomo Nizzolo 
  18. Domenico Pozzovivo* (EOLO-Kometa)
  19. Matteo Sobrero* (Astana)
  20. Andreas Stokbro*
  21. Dylan Sunderland*
  22. Jay Robert Thomson
  23. Max Walscheid*
  24. Danilo Wyss

 

実に24人も未契約だ。チームがスポンサーを見つけられなければ多くのライダーが路頭に迷ってしまう。非常に厳しい状況だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました