ロードバイクの情報を発信しています!

誕生日に骨折してしまった Arkéa Samsicのミゲル・フローレス ナイロ・キンタナは貴重な山岳アシストを失う

この記事は約2分で読めます。

アルケア・サムシックのミゲル・フローレスはツール・デ・アルプ第3ステージで落車してリタイヤ。

ナイロ・キンタナの山岳アシストとして移籍して最初のステージだったに残念。

しかも、もっと残念なのは彼の25回目の誕生日だったこと。重ねてお気の毒としかいいようがない。

 

スポンサーリンク

かなりの重症

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Team Arkéa Samsic(@arkeasamsic)がシェアした投稿

 

チームの公式インスタグラムでは、レースの朝の様子が写真に撮られている。誕生日おめでとうとなっているが、まさかこの日に病院に行くことになるなんて。

ミゲル・フローレスは、落車で股関節の一部である左大腿骨頸部の骨折。ニースの病院にすぐに運ばれている。

2020年には、イタリアのプロチームAndroni Giocattoli – Sidermecで走っていた。エガン・ベルナルやイバン・ソーサが在籍していた名門チームだ。
 

強力なクライマー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🇨🇴MIGUEL FLOREZ🔋 ✨(@miguel.florez_1)がシェアした投稿

 

2020ブエルタ・ア・サンファンの第5ステージ山頂フニッシュでは、レムコやフィリッポ・ガンナを抑えてステージ優勝している。上がその時の映像だが、とてつもなく強いのがわかる。

総合でも5位に入っており、続くツアーコロンビアでも総合5位。山岳に強い選手で、骨折がなければ間違いなく、今年グランドツアーにも出場していたはず。

ナイロ・キンタナとは、同じコロンビアの出身で、貴重な山岳アシストとして活躍するばすだったのに、とても残念。

復帰の時期については、わからないが今シーズンは難しいかもしれない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました