ロードバイクの情報を発信しています!

プリモッシュ・ログリッチを守るブエルタ・ア・エスパーニャのTeam Jumbo-Vismaのメンバー発表

海外情報
Photo credit: Sum_of_Marc on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

オリンピック個人タイムトライヤルで見事に復活した走りを見せてくれたプリモッシュ・ログリッチ。

ツールを失意のうちにリタイヤしたが、ブエルタでは3連覇を目指す。

さあ、プリモッシュ・ログリッチの連覇を守るライダーを見てみよう。

 

スポンサーリンク

ブエルタのメンバー

 

1.  Primož Roglič(ブリモッシュ・ログリッチ)
2.  Koen BOUWMAN(クーン・ボウマン)
3.  Robert Gesink(ロベルト・ヘーシング)
4.  Lennard HOFSTEDE(レナード・ホフステッド)
5.  Steven Kruijswijk(ステファン・クライスヴァイク)
6.  Sepp Kuss(セップ・クス)
7. Sam OOMEN(サム・オーメン)
8.  Nathan VAN HOOYDONCK(ネイサン・ファンフーイドンク)

 

ロベルト・ヘーシングは、ツール・ド・フランス第3ステージで、ゲラント・トーマスと共に落車。鎖骨骨折したが、ブエルタで復帰だ。

 

山岳アシストとしては、ステファン・クライスヴァイクとセップ・クス、サム・オーメンがあたる。ステファン・クライスヴァイクもツール第17ステージでリタイヤしているので、雪辱を果たしたい。

平坦部分の担当は、ネイサン・ファンフーイドンクとレナード・ホフステッドが務める。ワウト・ファンアールトは、ツアー・オブ・ブリテンでエースを務める。

 

タデイ・ポガチャルがブエルタに出ないというから、ライバルはエガン・ベルナルとなりそう。

エガン・ベルナルはジロを制覇したけれど、腰には不安が残る。ベストでないとTTも良いタイムが出せないので、勝つならば山岳でリードしないといけない。

果たして、プリモッシュ・ログリッチを引き離すほどの走りをベルナルが見せれれば良いけれども、どうなるかな。

現在、ブエルタ・ア・ブルゴスをアダム・イェーツとエガン・ベルナルは走っているけれども、アダム・イェーツは第1ステージの落車の影響がかなりありそうだ。

あと1週間あまりで、イネオスの二人が回復出来ないとログリッチの敵はいなくなりそうな感じだ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました