ロードバイクの情報を発信しています!

Bahrain Victoriousのマテイ・モホリッチがツールの下りでドロッパーシートポストを使ってアタックをかけるかも

機材情報
Photo credit: Thank you, my friends, Adam! on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

2022ミラノ~サンレモのボッジョの下りから、捨て身のアタックをかけて逃げ切ったBahrain Victoriousのマテイ・モホリッチ。

彼のバイクには、ドロッパーシートポストが使われており、コースも入念に下見をしていた。

 

Bahrain Victoriousのバイクの一台に180mmのディスクローターが付けられているけど、これもマテイ・モホリッチのものではないかと推測している。

 

スポンサーリンク

ドロッパーシートポストも使う?

ミラノ~サンレモで使用したドロッパーシートポスト Image credit: Bahrain Victorious

 

マテイ・モホリッチは、下りのスペシャリスト。昨年のツール・ド・フランスでは4回逃げにのりステージ2勝をあげる活躍をしている。

残念ながら、今年のツールではマテイ・モホリッチはおとなしい。時折、逃げに乗ろうとアタックをかけるけども続かない。

チームメイトのフレッド・ライトのほうが3回逃げにのっており、第13ステージでは2位になっている。そのフレッド・ライトのInstagramのストーリーに以下の写真が掲載された。

 

右のバイクにはドロッパーシートポストが見える photo Fred Wright

 

ゼッケンナンバー84番は、マテイ・モホリッチのバイク。ミラノ~サンレモで使用したように、ドロッパーシートポストが装着されている。

 

ただ、第16ステージの降下でマテイ・モホリッチが飛び出すということはなかった。まず、逃げに乗れないのだから、アタックのかけようもないのかも。

ミラノ~サンレモ以降、マテイ・モホリッチの調子は上がっていないようだ。

スロベニア選手権ロードは、2年連続での勝利を狙わずにツールに専念した。スロベニア選手権TTには出場したが、チームメイトのヤン・トラトニクに8秒差で破れている。

残るステージで、マテイ・モホリッチが下りでドロッパーシートポストを使う場面が見られるのだろうか。少し期待してみておきたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました