ロードバイクの情報を発信しています!

自転車用360°リフレクターテープBlincc Hex

機材情報
この記事は約2分で読めます。

夜間自転車で走るのに反射材とはつけている人は多いはず。

この、Blincc Hexは、現在Kickstarterで資金を集めているけど、2日で目標額を達成した。

単なる反射材なのだけど、何で人気を集めているのだろうか?

 

スポンサーリンク

Blincc Hex

とても良く光っているのがわかる

 

Blincc Hexは、3Mの素材で、軽量でオールラウンドな視認性を提供している。

  1. 強化された保護層を備えた超耐久性
  2. 複雑なプロファイルとエッジに追従するために、薄くて柔軟性がある
  3. よく知られている3Mの明るさ
  4. モジュラー設計

 

粘着性ではないので、剥がす時にも簡単に取れるのが特徴だ。しかも、耐久性があり、汚れにも強い。

 

photo kickstarter

 

ヘルメットのようにデコボコしていても、追従して張り付いてくれる。

Hexパックには、51 x 18mmの小さいピースと94x18mmの大きいピースが混在しており、0.3gと0.6gと軽い。

 

photo kickstarter

 

張り付ける箇所は、各人の自由だけど、ヘルメット、シートステイ、クランク、リム、フォークなどにつけられる。

 

photo kickstarter

 

価格は、£6だから約900円だ。

£6のシングルヘックスパックは、フォークとシートステイの2つのリム用の12個のショートヘックスと4個のロングヘックスで構成されている。

£12でクランクとヘルメットもカバーできる。

多分、製品化されても1,000円台で買えるのではないかな。これだけ目立ってくれて、耐久性もよくて簡単に剥がせるならば使ってみたいと思う製品だ。

詳しくは、Kickstarterで見て下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました