ロードバイクの情報を発信しています!

ブエルタ14ステージのゴール前で落車したルカ・メズゲッツのケガの様子は?

海外情報
Photo Luka Mezgec .instagram
この記事は約3分で読めます。

ブエルタ・ア・エスパーニャ第14ステージはスプリンターがゴール前を争うと予想されていた。

平坦ステージでスプリンターが活躍出来るステージが少ないために、逃げは容認されずゴール手前4キロ地点で逃げが吸収される。

そこからは、60キロをこえるスピードで集団は爆走!

誰も飛びだせない状況のままゴール手前1キロのゲートをくぐった当たりで集団落車が発生。

かなりの選手が巻き込まれてしまった。最後まで立ち上がれなかったのはミッチェルトン・スコットのスプリンター、ルカ・メズゲッツ

救急車で運ばれてしまう事態に。

ルカ・メズゲッツのケガの様子はどうだったんでしょうか?
 
スポンサーリンク

手術の必要はないが

 

ラスト800m地点で起こったクラッシュには、多くのライダーが巻き添えに

  • アレハンドロ・バルデルデ(Movistar Team) 手首を負傷
  • タデイ・ボカチャル(UAE-Team Emirates) 肘の出血
  • オウェイン・ドゥール(Team INEOS)
  • エンリコ・バッタリン(Team Katusha Alpecin )
  • ホルヘ・クベロ(Burgos-BH)
  • ジョン・アベラストゥリ(Caja Rural – Seguros RGA)

 

前から、15番手以降が横並びに全員がコケるような大クラッシュ。

ルカ・メズゲッツは起き上がることが出来ずに救急車で搬送。

診断の結果は、右股関節の腸骨稜の骨折があることが明らかになった。関節付近の損傷は回避しているので手術の必要はないというが、数週間は安静にして寝ていないといけない。

 

腸骨稜(ちょうこつりょう)とは
[骨盤]をつくっている骨の部位の名前。骨盤をつくっている[腸骨]の上縁が上向きに弧を描いている縁の部分。骨盤のもっとも上の部分で、体表からも触ることができる。

https://scrapbox.io/anatomy/%E8%85%B8%E9%AA%A8%E7%A8%9C

引用 画像共 https://scrapbox.io/anatomy/%E8%85%B8%E9%AA%A8%E7%A8%9C

腸骨稜とは聞きなれない言葉だが、骨盤の上の部分で手で触れることが出来る、とがった部分の骨のようだ。
通常1週間から3週間の間、横たわっていないといけない。だが、病院で治療なんてないので、自宅で療養するそうだ。
安静にしていれば、治るようなので安心ですね。
 
私も骨盤を骨折したことがあるが、穴があいて手術の必要はなかった。
でも痛かったですねえ~。当たり前か(^-^;
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました