ロードバイクの情報を発信しています!

ヨナス・ヴィンゲコーは自分が過小評価されていると感じている

海外情報
Photo credit: Lars Plougmann on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

ヨナス・ヴィンゲゴーは、自分が過小評価されていると考えているが、自分自身も高く評価しているわけでもない。

彼は、プリモッシュ・ログリッチに変わって、タデイ・ポガチャルからツール・ド・フランスを奪い取ったことで、サイクリング界のスポットライトを浴びるようになった。

この結果はほとんど予想されていなかったが、ヨナス・ヴィンゲゴーにとってはメディアの過小評価は好都合でもあった。

 

スポンサーリンク

ヨナス・ヴィンゲゴーの考え

 

今年のツールにはアシストとして参戦していたと思いますが、これについては?

実際、人々は私を少し過小評価しているのではないかといつも思っている。今年のツール・ド・フランスでもそうだった。

特にメディアではそうだと思うし、それについては何の問題もない。そして、その逆もまた問題ないと思っている。

 

ツール以降はメディアを避けてましたか?

メディア自体を避けていないが、それを探し求めたわけでもない。私はただリラックスして人生を楽しんで家にいた。何人かの友人と何人かの家族といた。とても静かで落ち着いている。

私はまだ、自分が成し遂げたことがとても大きいので、どういうわけか関係するのが難しいと思っている。

ツール・ド・フランスを走りたいとずっと夢見ていた。だが、もちろん小さい頃はツール・ド・フランスで優勝するとは夢にも思っていなかった。だから突然…はい、それはとても速く進んだ。

 

あなた自身の自己イメージでは、あなたは世界で最高のサイクリストではありませんか?

人は世界で最高の一人だと言うでしょうが、私は一般的に最高だとは思わない。

全体的に見ると、私はステージレースでしか優勝していない。自分は、まだワンデーレースで実際にパフォーマンスを発揮することができていないからだ。

 

Jumbo-Vismaでは、家族をレースやトレーニングキャンプに連れて行くのはあなただけではありませんね。それはあなたにとって都合が良いですか?

自分は仕事として、サイクリングに多くの時間を費やしている。自分には、一緒にいるのが大好きな家族がいる。彼らと一緒にいるほど、本当に幸せだ。だから、チームはこれに気づき、彼らをその一部にする必要があると考えている。

 

しかし、実際には、ツールドフランス中に家族で楽しむ時間はあまりありませんね。

お互いに見ることができる時間は非常に限られている。フィニッシュラインの直後で、5〜10分一緒にいるかもしれません。私たちはそれを知っているが、お互いに会えてうれしい。

 

来年のツールでスタートラインに立てると思いますか?

もちろんそうしたいが、それが来年であろうと再来年であろうと、見ていきたい。チームと話し合い、一緒に解決策を見つけなければならない。

スターラインに立てることを願っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました